アジャイル原則2:変更を歓迎する

要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。 変化を味方につけることによって、お客様の競争力を引き上げます。
–アジャイルの原則2

この原則は、プロジェクトの変更を歓迎することの重要性を強調しています。 アジャイルプロジェクトでは、開発の後期であっても、常に変更を歓迎します。 変更kは、顧客が必要なものを確実に入手できるようにするだけでなく、プロダクトやサービスの、同様のプロバイダーに対して競争上の優位性を獲得するのに役立ちます。 アジャイルプロジェクトにこの原則を取り入れることで、次のようなことが実現します。

· 変更プロセスが簡略化されます。 プロジェクトの変更はアジャイルの哲学における非常に重要な側面であり、変更に抵抗するウォーターフォールの哲学とは明らかに異なります。 「スコープクリープ」という用語は、ウォーターフォールを使用する際のスコープの変更の否定的な意味合いを反映しています。 アジャイルプロジェクトでは、変更を受け入れることで、プロジェクトチームが変更を承認して確定させる「官僚的形式主義」を通過する時間を減らし、顧客価値を提供するフィーチャーの開発に、より多くの時間を費やすことができます。

· 変更はプロジェクトのどの時点でも歓迎されます。 アジャイルを導入する時は、変更が発生することが予想されます。 プロジェクトの後半で発生した場合でも、変更を歓迎し、受け入れるべきです。 アジャイルでは、プロジェクトの早い段階でフィーチャーと機能に優先順位を付けるので、その時点でそれらが顧客にとって最も価値とリスクが高いものになります。 ただし、プロジェクト全体を通して変更を歓迎し、優先順位を調整することも重要だと認識しておく必要があります。

· 顧客の競争上の優位性を引き上げます。 競争上の優位性とは、アジャイルが従来のプロジェクトマネジメントのアプローチよりも優れていることを指します。アジャイルアプローチとは、変化を受け入れ、動くソフトウェアを顧客に手渡すことです。 アジャイルチームが変化に迅速に対応し、その結果として変化に適応することで、競争の機会が発生した時に、顧客がそれをつかむことができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.