アジャイル原則 3: 頻繁なデリバリーのサポート

動作するソフトウェアを数週間から数か月まで頻繁に提供し、より短い時間スケールを優先します。

–アジャイルの原則#3

3番目のアジャイル原則は、顧客中心の原則グループを締めくくり、動作するソフトウェアをできるだけ早く提供することがアジャイルプロジェクトの成功を促進するという事実を強調しています。 アジャイルプロジェクトにこの原則を実装することで、次のようになります。

製品をより早く市場に投入できます。 使用される特定の方法(スクラム、リーン、XPなど)に関係なく、すべてのアジャイル実装に共通していることの1つは、これらすべての方法に反復サイクル(スクラムを使用した スプリント と呼ばれる)が含まれていることです。 これらのイテレーションはかなり短く、通常は 30 日以内です。 短いイテレーションの使用は、プロジェクトチームと顧客が即時の短期的な需要がある機能を活用し、新製品機能をできるだけ早く市場に投入するのに役立つため、非常に重要です。

顧客は、より迅速に機能する機能を受け取ります。 頻繁な配信は、機能する機能を顧客やその他の利害関係者の手にできるだけ早く届けることも意味します。 これにより、開発チームは必要な変更に関する有益で即時のフィードバックを受け取ることができます。 これは、プロジェクトチームが要件とタスクに関して正しい方向に向かっているかどうかを判断するのにも役立ちます。 チームは、特定の方向に進むことができるかどうか、または調整を行う必要があるかどうかをすばやく検証できます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.