スクラムマスターは「技術の達人」であるべきか?

業界を問わず。様々なリーダーシップの立場があるなかで、自分の分野の運用プロセスについて知っては知っておいたほうがいいでしょう。 コミュニケーションの専門家からエンジニアリングの専門家まで、技術的なバックグラウンドを持つ人は、企業が何を必要としているかについてより深い知識を持っています。

しかし、彼らが仕事を「行う」方法も知っておく必要はあるのでしょうか?

理想的なパターンは、技術チームを理解して効果的にコミュニケーションをとるために、スクラムマスターが技術的なスキルと製品知識を持つことです。

しかし、ビジネス面では、 スクラムマスターは障害を取り除くための交渉力と説得力も持っている必要があります。 彼らはまた、外部およびビジネス上のステークホルダーがプロジェクトを通して使用されるアジャイルプロセスを明確に理解し、それに従うよう指導する必要があります。

スクラムマスターの唯一の役割がビジネス面に対応直面することだった場合、技術的な背景はそれほど重要ではないように思われるかもしれません。

優れた人材スキルを持つ人に「テックトーク」をする方法を教える方が簡単であり、テクノロジーの専門家にサーバントリーダーの考え方を教えるのははるかに難しいと主張する人々もいます。 スクラムマスターにはある程度の技術的知識が必要ですが、堅実なスクラムマスターは人とテクノロジーの両方を知っているのです。

このように考えてください。学識のある人に対人力があるとは限らないし、逆もまた然りということです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.