アジャイルとウォーターフォール:プロジェクトに最適な管理スタイルを決定するための3つの質問

プロジェクトの最終的な成功は、実際に作業が始まるかなり前に、その大部分を決定できます。 役割分担、チームワーク、計画、コミュニケーションの効果的な枠組みを確立することは極めて重要であり、成功に導く秘訣となり得ます。 一般的に、プロジェクトはウォーターフォール型か、アジャイルプラクティスを使用して管理されます。 プロジェクトの種類、契約、組織構造によって、どのスタイルが最適かが決まります。 どちらを使用するかを決定するには、次の3つの質問について考えてみてください。 1 どのような種類のプロジェクトを扱っていますか? これは基本的な質問のように思えるかもしれませんが、プロジェクトの成功に必要な管理スタイルを設定するものです。 一般的に言って、プロジェクトが物理的な物(建設プロジェクトやハードウェアインストールプロジェクトなど)を扱う場合、ウォーターフォール管理が最良の選択肢になる可能性があります…しかし、あらゆる状況にアジャイルの原則を適用させる方法を見つけることも、一般的になりつつあります。 ウォーターフォール型のプロジェクトでは、すべてのタスクとフェーズの詳細な計画が必要であり、特定の順序で完了する必要があります。 もしあなたのプロジェクトが、コード、コピーライティング、デザインプロジェクト(具体的に言えば)のような、サービス指向で物理的な成果物ではないものを扱うのであれば、アジャイルでの管理が最適かもしれません。 アジャイル型のプロジェクトは、より迅速かつ柔軟な管理アプローチであり、協調、適応性、継続的な改善の原則に基づいています。 2 プロジェクトでどのような問題を予想していますか? これは、プロジェクトを開始する前には考えないかもしれない質問ですが、こちらも、プロジェクトの成功の鍵となる可能性があります。 ウォーターフォール型の管理の場合、将来のプログラムを改善するためにプロセスが詳細に記録されているため、ハプニングは非常にまれです。 (あなたのプロジェクトにハプニングがなければ、ウォーターフォールが最適かもしれません!) ただし、初期要件があるせいで、このやり方では、クライアントの将来的なニーズの変化は許されません。 一方、アジャイル管理により、迅速な軌道修正が可能になり、チームは創造的かつ効率的に作業できるようになります;要件やスコープが厳密に定義されたプロジェクトには向いていません。 3 プロジェクトの目標は何ですか? プロジェクトの成功につながる主な要因の1つは、普遍的な目標を決定することです。 建設プロジェクトのために家を建てる場合でも、コードを開発する場合でも、この目標を達成する方法を認識することが重要です。 チームは、これを効果的かつタイムリーに完了できる必要があります。 プロジェクトのビジョンと目標に最適な管理スタイルを見つけるには、まず『アジャイルマニフェスト』の各価値観と原則を評価し、次にそれらが組織/チームの価値観とダイナミクスと一致するかどうかを判断します。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.