アジャイルの原則5:意欲に満ちた人々

意欲に満ちた人々を集めてプロジェクトを構成します。 環境と支援を与え仕事が無事終わるまで彼らを信頼します。

―アジャイルの原則5
5番目のアジャイル原則は、プロジェクトチームに焦点を当て、信頼、サポート、モチベーションの重要性を強調しています。 このアジャイルの原則に従うことで、次のことが促されます。

生産性とコスト効率に優れたプロジェクトの実行: 個人の意欲を引き出すことは、可能な限り最も生産的でコスト効率の高い方法でアジャイルプロジェクトを成功させるのに大いに役立ちます。 アジャイル環境では、優れた技術的知識はチームを成功させるための前提条件として十分ではありません。 チームメンバーは、チームとプロジェクトの成功だけでなく、組織全体の成功を支えるように動機付けられる必要があります。 他の専門分野(機能横断的)を探求することができ、喜んで探求する熱心なチームプレーヤーである個人がいる場合、その開発チームはプロジェクトの実行を成功させるための主要な要素を持っていると言えます。

意欲のある自己組織化されたチーム: 開発チームの個人のやる気を引き出すことは、基本的なアジャイル哲学の一部です。 このモチベーションを最大化するには、チームを自己組織化し、自己制御させることです。 チームメンバーは、自分の意見が歓迎され、評価されていることを理解すると、やる気が出ます。 自己組織化された開発チームのメンバーは、どのタスクに取り組むかを指示するのではなく、作業したいタスクを選択します(これがマイクロ管理です)。 開発チームのメンバーが自分のタスクを選択できるようになると、最終的には最高の品質、創造性、チームメンバーのコラボレーションが生まれます。 チームの生産性だけでなく、デリバリーされたプロダクトの品質と価値も指数関数的に向上します。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.