アジャイルの作成物:プロダクトロードマップの作成


プロダクトロードマップは、 ビジョンステートメント の直後にあり、 アジャイルの価値へのロードマップの第2段階を表しています。 その目的は、プロダクト要件の概要を提供し、フィーチャーに優先順位付け、グループ化、および分類を可能にすることです。 また、大まかな時間枠をフィーチャに割り当てるための優れたツールでもあります。

ロードマップを効果的に作成するために実行できるステップは4つあります。

1 要件を特定する
最初のステップは、プロダクト要件を特定して収集することです。 その際、非常に大まかなレベルの要件(エピックとも呼ばれます)から始めて、 テーマフィーチャーなど、より適切なサイズに向かってゆっくりと分解することをお勧めします。 このリストが、 プロダクトバックログの基礎にもなります。

2 要件を整理してグループ化する
要件のリストができたら、このリストを使って、テーマと呼ばれる共通の論理グループにグループ化します。 このプロセスは、前の手順で既に開始している可能性があります。 ただし、 開発チーム を参加させてサポートしてもらうと役立つ場合があります。 開発チームが技術的な依存関係や親和性を特定できる場合があります。 アジャイルは動くソフトウェアに重点を置いているため、グループ化を決定する時はそのことを念頭に置いてください。

3 見積もりと順序付け
この手順には 2人のオーナーがいます。 1人はプロダクトオーナーで、バックログの各要件の順序を決定する責任があります。 次に、開発チームです。 彼らは、各フィーチャーを完了するのにかかる工数を決定する責任があります。

見積もりポーカーなど、見積もりに役立つさまざまなツールやテクニックがあります。 同様に、バックログを順序付けするのに役立つさまざまな手法があります。 たとえば、 相対的な優先度 (=価値/工数)または ROIに基づいて順序づけできます。

4 大まかな時間枠を割り当てる
バックログ項目を見積もり、順序付けしたら、開発チームとスクラムマスターと協力して、スプリント期間を選択します。

開発チームのベロシティが分かれば、プロダクトが最初のリリースにいつ到達できるかを経験的に推測できます。 そのデータがない場合は、最初のスプリントで完了するために確約できる作業量を開発チームに尋ねます。 これにより、ロードマップの計画に使用できる最初のベロシティが分かります。 工数、順序、テーマ、チームのベロシティを使って、全てをまとめて素晴らしいロードマップを作ることができるはずです。

このプロセス全体を迅速に進めるには、1つのスプリントを満たすのに十分な作業のみが必要です。 これにより、すぐにコーディングを開始できます。 次のスプリントとプロジェクトの残りの部分は並行して決定できます。

様々な種類の アジャイルプロジェクトマネジメントの作成物 については、以前の記事を参照してください。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.