アジャイル移行のコーチングを誰に任せたいですか?

アジャイル文化への変革からメリットを享受することを真剣に考えている場合は、CSP+((認定スクラムプロフェッショナル(CSP)、認定チームコーチ(CTC)、認定エンタープライズコーチ(CEC)、認定スクラムトレーナー(CST)を利用することが鍵です。 CSP+を保有する人は、経験豊富なスクラムマスター、プロダクトオーナー、または開発者であり、次のような厳しい審査の下で能力を実証しています。

  • スクラムチームのメンバー、メンター、コーチとしてのスクラムチームでの複数年の直接的な経験
  • 正式な専門能力の開発
  • 継続的かつ現在進行形の非公式学習
  • アジャイルコミュニティへの関与と従事
  • ソートリーダーとしてのアジャイルについての話し合いへの貢献
  • アジャイル手法を実践して教える能力

すべてのCSP+の申請を承認して、すべての要件が正しく満たされていることを確認する機関は、Scrum Allianceです。 CSP+の資格は簡単に取得できるものではなく、認定されるということは、アジリティの追求を専門家としての能力開発計画の一部としているプロフェッショナルの証です。

私たちプラチナムエッジは、CSPアジャイルコーチの実績ある経験とリーダーシップが、クライアントのアジャイル移行の成功を著しく高めると確信しているため、最低限でもCSPアジャイルコーチとの連携をしています。 CSPになるために必要な最低3年間(CTC、CEC、CSTの場合はそれ以上)で、コーチがCSP+の候補期間中に2週間のスプリントで働いたと仮定すると、弊社のコーチは少なくとも次のような経験をしていることがわかります:

  1. 750以上のデイリースクラムに参加またはそれを取り仕切った
  2. 78の個別のスプリント計画、スプリントレビュー、スプリントレトロスペクティブ会議、少なくとも同数のバックログ改良セッション、および多数のリリース計画セッションに参加またはそれを取り仕切った
  3. 平均して数百の障害または障害に対処または解決した
  4. プロダクトオーナー、スクラムマスター、開発チームの役割、および12のアジャイル原則と5つのスクラム価値を深く理解している
  5. 複数のチームがビジョンの設定、ロードマップの作成、バックログの管理、受け入れ基準を使用した高品質のユーザーストーリーの作成、障害ログの価値の理解するのを指導した
  6. 完了の定義をしっかりと守ることの重要性と、それによって生まれる組織的な自信を理解している
  7. 組織のあらゆるレベルでのコーチング経験
  8. 数多くのリリースを成功に導いた実績
  9. 豊富な戦いの傷跡が、「現場で経験した」という信頼性の証となり、それがあなたの組織にとってのメリットになる

このような貴重な経験を持つCSP+アジャイルコーチを利用することで、組織はアジャイルの原則を採用し、自分一人でそれを試みるよりも早く顧客に価値を提供することができます。

肝心なのは、練習こそ永続性を生むということで、どのような永続性を求めているのか? ということです。 専門家のサポートなしに社内で人材を育成するには、何年もかかり、大きな浮き沈みを伴う失敗が発生する可能性があります。 アジャイル移行の正しい道を進み、初期の移行を超えて成熟していく過程で社内のCSP+となる人材を指導するために、今すぐ外部のCSP+と連携しましょう。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.