アジャイル移行のサポートが必要な理由

組織をウォーターフォール型からアジャイルの考え方に変革する道のりは、特に組織が単独で進もうとしている時は、困難な場合があります。 指揮統制から、経験則に基づき、自己組織化され、権限を与えられたチームへと移行するという困難な山を乗り越えるのは容易ではありません。 組織がアジャイル移行の専門家からのサポートなしに、着手すべきではない理由はいくつかあります。
  • 現在の組織文化を創ったのが首脳陣である
  • 社員同士で変化を推進する場合は失敗が多い
  • 移行経験の多様性の欠如

現在の組織文化を使ったのが首脳陣である

移行が難しい主な理由は、組織文化です。 ピーター・ドラッカーは、「企業文化は戦略に勝る」と言いました。 首脳陣(社内で企業文化を作る人)に、文化を変えるリーダーシップを課すことは非現実的です。 アジャイル移行会社は、パートナーとして、公平で独立した第三者の視点と即時的なコーチングを提供して、必要な文化的変化に関する意思決定を下す支援をします。

社員同士で変化を推進する場合は失敗が多い

内部主導の移行が難しいもう1つの理由は、社員同士が互いを変えようとすることになるからです。 人々は一般的に、仲間だけで文化を変えようとする時に畏れを感じることはありません。 非常に優秀な仲間であっても、必要な影響力を持たないことが多いです。 また、上司に対して、間違いを指摘して変化を促すことも困難です。 アジャイル移行会社は、必要な専門知識、組織の影響力、経験をもたらします。

移行経験の多様性の欠如

社内主導の移行には、必要とされる経験の多様性と業界での経験も不足しています。 従業員の経験の基礎は、一般的に、組織へのフルタイムの献身によって学んだことに限定されているため、やや近視眼的です。 多くの場合、彼らは「ゆでカエル症候群」にも苦しんでいます。つまり、もう選択の余地がなくなる瞬間まで、抜本的な行動を取ろうと思えるほどの危機感を感じないということです。 これは、この変化が一時的なものではなく、今後も増加する一方であることを理解していないからです。 アジャイル移行会社は、すでに複数の組織を成功裏に導いており、うまく機能する文化変革メソッドで社員の視野を広げることができます。

アジャイル移行は困難です。 アジャイル移行会社が、組織に代わって移行を敢行するわけではありません。コストのかかるミスを減らして、より短い時間でビジネスアジリティの目的地に移動する手助けをするのです。
0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.