アジャイルプロジェクトマネジメントの作成物

プロジェクトの進捗状況は、可視化され、測定可能でなければ意味がありません。 アジャイルプロジェクトチームは、3つのスクラム作成物(プロダクトバックログ、スプリントバックログ、インクリメント)に加えて、3つの追加の作成物(プロダクトビジョンステートメント、プロダクトロードマップ、リリース計画)を使って効果を高めていきます。 これらの作成物は、チームに戦略的および戦術的な方向性を提供するだけでなく、プロジェクトの進捗状況を組織に伝えます。

プロダクトビジョンステートメント
ビジョンステートメントは、差別化、競争、および組織の全体的な戦略をどのように支持するかという観点から、プロダクトの最終目標(現在のプロダクトではなく、どのようなプロダクトにしたいか)を伝えるためのエレベーターピッチです。 プロダクトビジョンは、プロジェクトの一部と見なされるものの、最も外側の境界です。

プロダクトロードマップ
プロダクトロードマップは、プロダクトビジョンを達成するために必要な、大まかな機能の全体像であり、チームがビジョンに集中し続けるために必要な「全体像」を提供します。 プロダクトロードマップは、プロダクトバックログでの最初の部分です(以下を参照のこと)。

リリース計画
リリース計画は、プロダクトオーナーが市場にリリースする価値があると考える、プロダクトロードマップにある最初の機能セットの概要を示します。 リリース目標は、実際の世界で使用するために顧客にリリースする特定の機能に関する中期的な境界を確立します。

プロダクトバックログ
プロダクトバックログは、プロダクトビジョンを達成するための機能を開発するための、全ての要件の、順序付けられた To-Do リストであり、ビジネス価値とリスクによって優先順位が付けられています。 プロダクトバックログは、プロダクトロードマップよりも詳しく、プロジェクトのスコープを定義します。 プロダクトバックログは順序付きリストであるため、上位の項目は下位の項目よりも優先順位が高くなります。 下位の項目よりも上位の項目が開発される可能性が高いため、プロダクトバックログ項目は、リストの上位に表示されるほど詳細になり洗練化されています。

スプリントバックログ
スプリントバックログは、スクラムチームが スプリント目標をサポートするために潜在的に出荷可能な機能を作成するために必要なタスクのリストです。 スプリントバックログは3つのスクラム作成物の1つであり、多くの場合、スプリントバーンダウンチャートが含まれ、チームがスプリント目標を達成するために順調に進んでいるかどうかを、プロジェクトチームが毎日把握するためのものです。 各スプリント目標はリリース目標をサポートし、チームがそのスプリントで達成する作業量を確約できるようにする、直接の境界を確立します。

インクリメント
インクリメントは、各スプリントの最後に潜在的に出荷可能な状態の、開発が完了した動く機能です。 プロダクトオーナーは、全てのスプリントの最後に全てのインクリメントを顧客にリリースする必要はありませんが、少なくとも、十分な集計値があれば、各インクリメントを市場にリリースする準備ができていることを把握できます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.