『アジャイルマニフェスト』の顧客中心のアプローチ

Forresterは、2016年の年次業界調査予測を発表しました。 これらの調査結果のうち、顧客の力は際立っており、多くの企業が未だにそれに応じた運営がされていません。 顧客の関与が、ビジネスの成功に与える影響は目新しいものではありません。私たちは、アジャイルな価値観と原則を通じて日々そのことを強調しています。

『アジャイルマニフェスト』の引用:
•「契約交渉よりも顧客との協調を、」
•「プロセスやツールよりも個人と対話を、」
•「顧客満足を最優先し、 価値のあるソフトウェアを早く継続的に提供します。」
•「要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。要求の変更はたとえ開発の後期であっても歓迎します。」
•「技術的卓越性と優れた設計に対する 不断の注意が機敏さを高めます。」

多くの場合、顧客は製品を使ってみるまで、自分が何を望んでいるのか正確にはわかりません。 したがって、できるだけ早い段階で製品を顧客の手に届け、さらに少しずつ、少しだけ頻度を高めて提供することで、軌道に乗っているかどうかを常に教えてくれるフィードバック・ループでつながり続けることができます。

顧客との緊密な協調による新製品の開発の例は、ノードストロームのイノベーションラボです。 ある開発チームは、着手時には何を求めているか顧客自身が分からなかったにもかかわらず、その時々の顧客からのフィードバックをもとに製品アイデアを反復し、わずか数日のうちに、顧客が求めていたものを提供しました。

すべての製品要件について顧客に直接アクセスすることはできないかもしれませんが、今から顧客とのアクセスを増やし、すべてのプロジェクトで協働することは可能です。 何はともあれ、できるだけ早く、そして頻繁に、製品戦略と開発プロセスにおいて顧客にも参加してもらいます。

チームが短いイテレーションの最後に実用的な製品を提供し、できるだけ頻繁に市場への定期的なリリースを計画できるようにします。 顧客が何を欲しがっているかは、手に取ってもらって初めてわかるものです。

「顧客は常に正しい」という古いカスタマーサービスの格言が当てはまります。 そうすることによって、顧客には、これまで以上に多くの選択肢が与えられます。 アジャイル手法を使用すると、顧客が望むものを構築し、その過程で顧客が何を望んでいるかを理解するのに役立ちます。 それこそが完璧なパートナーシップです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.