アジャイル宣言:顧客との協調

従来のプロジェクトマネジメントの方法論では、顧客の関与がなかなか実現しません。 実際、プロジェクトへの顧客の関与が完全に成功したと思われたのは、プロジェクトの最初と最後の2回だけでした。 完全とは言えないまでも、多少の成功を認められた従来のプロジェクト環境では、スコープの変更や変更要求を交渉する時に顧客が関与することもあります。 このような場合、開発側と顧客側のモットーは「勝つか負けるか」です。

ご想像のとおり、このアプローチでは、多く場合スコープの変更と顧客との協調が迷惑なものとして認識されているのです。 アジャイルプロジェクトマネジメントは、 プロジェクトについてほとんど知識がない開始段階では不確実性が最も高くなることを認識しています。 プロダクトについて詳しく知るなかで、常に顧客が関与しながら扱いやすいサイズの変更に対して決定を下すことは、プロジェクトの開始時に1つの包括的なスコープの決定を行うよりも理にかなっています。

そうは言っても、こういった柔軟性は、継続的な顧客との協調によってのみ可能です。 これを理解することで、顧客と開発チームの両方が同じ目標に向かって1つの チームとして足並みを揃えて協力することができます。 結局のところ、どちらもプロジェクトの成功を望んでいるのです。

最終的に、アジャイルアプローチを取ることで、より成功するプロダクトを構築できるようになります。 それによって顧客に対して身構えるのではなく、顧客と協調することによって即座に顧客からフィードバックを得ることができます。それはそれはお互いにとって有利な状況です。

長期的には、顧客と開発チームのパートナーシップを経験することは、信頼の構築につながります。そして信頼はより高い効率につながり、成功の可能性を高めます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.