戦略的に安定し、戦術的に柔軟なアジャイル

アジャイルに不慣れな人の多くは、「アジャイル手法は柔軟だと思いますが、計画と戦略はどうですか?」と懐疑的に尋ねます。 同様に、アジャイル手法の批評家の中には、柔軟性の側面に焦点を当て、それを舵取り不在と見なす人もいます。 そういった人たちは、アジャイル手法を非常に効果的にする計画と経験主義の間にある強力なバランスを認識していません。

 

プラチナムエッジが戦術的に柔軟なのは、価値へのロードマップモデルに基づいて、戦略的に安定しているためです。 詳しく説明します。

 

プロダクトビジョン:プロダクトビジョンは最終目標を設定し、プロジェクトの一部と見なされるものの、最も外側の境界を示します。

プロダクトビジョンの詳細はこちら

 

プロダクトロードマップ: プロダクトロードマップは、チームがビジョンに集中し続けるために必要な「全体像」を提供します。

プロダクトロードマップ作成の詳細はこちら

 

リリース目標: リリース目標は、顧客が現実に使用するためにリリースされる、特定の機能に関する中期的な境界を確立します。

リリース計画の作成に関する詳細はこちら

 

スプリント 目標:スプリントの目標は、チームがそのスプリントで達成される作業量を確約できるようにする直接の境界を確立します。

スプリント計画の詳細はこちら

 

プロダクトオーナー(皮肉なことに、主にROIに責任がある)は、定期的なビジョンとロードマップの進展にコミットし、投資するのに苦労することがあります。 こういう状況では、スクラムが、チームが舵取り不在であることを浮き彫りにします。つまり、柔軟性は強いが、戦略が弱い状況です。

ビジョンを定義し、ロードマップを確立し、その両方を定期的に改善することは、製品とチームに対して行える最大の投資の1つです。 それがアジャイルの成功の本質なのです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.