Ask Mr. Agile®:お気に入りのアジャイル・スケーリングモデルは何ですか?

質問:

お気に入りのアジャイルスケーリングモデルは何ですか?

動画を観る:

Mr. Agile®の回答

お気に入りと言えるアジャイルスケーリングモデルは特にありません。 世の中にはたくさんのスケーリングモデルが存在しています。 「垂直スライス」、「LeSS」、「SAFe」、「スクラムアットスケール」、「Nexus」など、数多く存在しています。 この業界は、企業組織になっていくにつれて、スケーリングムーブメントへと移行していきました。

特にお気に入りはありません。 すべてを使ってみましたが、どれも好きな点と嫌いな点があります。 ただ、組織がスケールするための絶対的に最良の方法は、スケールしないことだと覚えておく必要があります。 ある組織から依頼があって、「プロジェクトをスケールしたい」と言われたら、まず私たちは「スケールしなくて済むように、チーム間の依存関係で断ち切れる部分を教えてください」と言います。

スケーリングは決して効率的ではなく、常に効率が低下し、根本的にやや反アジャイル的でもあります。 アジャイルを概念として考えると、つまり、アジャイルの概念とは、非常に大きなイニシアチブを、人々が実行できる、小さな、消化可能な塊に分解することです。 スケーリングとは、小さなモジュールをたくさん使って、それらを大規模なエンタープライズタイプのシステムに統合することです。 したがって、その核の部分はやや反アジャイル的なんです。

そうは言っても、私たちが探しているものがいくつかあります。
1. 実際に作業を行っている人々、つまり開発チームに権限を与えるスケーリングモデルか?
2. そのチームが検査して適応できるようにするフィードバックループを可能にしているか?
3. ある程度は自己修正可能か?

これらを満たしているモデルであれば、私たちも不満はありません。 お気に入りのスケーリングモデルはありますか? と聞かれれば 答えはノーですが、言いかえれば、私のお気に入りのスケーリングモデルは、スケーリングする必要がないように依存関係を断ち切ることです。

Mr. Agile® の質問と回答の全シリーズはこちら

他に訊きたいことがありますか? 今すぐ質問してください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.