Ask Mr. Agile®:複数の製品を担当する小さなチームを活用する最良の方法は?

質問:

複数の製品を担当する小さなチームを活用する最良の方法は?

動画を観る:

Mr. Agileの回答:

これはとてもよくある課題です。 そのような状況で私たちが求めているのは、いかにしてスラッシングを抑えるかということです。 効率性に関して言えば、人間は、タスクの切り替えに伴って意識を切り替えるという行為だけで、最低でも(最大ではなく)30%の損失が生じることがわかっています。 ですから、できるだけ長く集中力を維持できるようにしたいわけですよね。

最良のパターンは、チームが最初から最後まで1つのプロジェクトを見届ける場合です。 これが、人が絶対的に最も効率的になる方法です。

それに少し劣るパターンが、チームがリリースに焦点を当てている場合。 例えば、プロジェクトAに取り組んでおり、顧客に価値のあるものをリリースできるようになるまでそれに取り組む。 その後、プロジェクトBに邁進し、お客様に提供できるものをリリースする。 次に、プロジェクトCに邁進する。

それより更に劣るパターンは、チームがスプリントレベルで安定している場合。 スプリントを実行し、潜在的に出荷可能なもの、つまりデモンストレーション可能可能なものを作成し、次にプロジェクトBに邁進し、出荷可能なものを作成します。

それよりも劣るパターンが、チームが一日単位で安定していることです。 つまり、月曜日はプロジェクトAに取り組み、できるところまでやる。 火曜日はプロジェクトBに打ち込んで、できるところまでやる。

それよりも劣るのが、時間単位で安定していることです。つまり、午前はプロジェクトA、午後はプロジェクトB、そしてランチタイムに構造的なスラッシングが起きる。

ただし、最も一般的なパターンは [unfortunately] 、チームが分単位で安定していることなんです。 プロジェクトAに着手し、誰かがプロジェクトCについて焦り始め、プロジェクトAでやっていることを中断しえtプロジェクトCに取り組む。これを避けたいわけですね。

スクラムチーム内で安定している限り、その時間枠が何であれ、一貫性がある限り、スクラムをとても簡単に使うことができます。 その一貫性があるからこそ、推測が可能になります。 一貫性が保てないのなら、私たちがよくアドバイスするのは、カンバンの活用です。 プロジェクトA用の 1 つの項目を選んで、少なくともその項目が完了するまで見届けます。 その後、プロジェクトCに取り組んで、それが完了するまで見届けます。 次に、プロジェクトFに取り組み、少なくとも、中間点ではなく完了点にある、ある種のブレークポイントまで見届けたい。 中間点でのスラッシングはもっとも避けたいことです。

従来のプロジェクト管理からの移行、ベンダー契約の管理、見積りについてなど、Mr. Agile®がお答えします。
Mr. Agile® の質問と回答の全シリーズはこちら。 他に訊きたいことがありますか? 今すぐ質問してください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.