Ask Mr. Agile®:スクラムチームに欠陥は存在しますか?

質問:

スクラムチームに欠陥は存在しますか?

Mr. Agileの回答:

スクラムチームにも欠陥は存在します。スクラムモデルの特徴は、製品を完全に構築することです。つまり、要件を詳しく説明し、設計し、開発し、テストし、統合し、文書化し、承認してもらうということです。したがって、要件に取り組むときは、完了するまで作業します。次に、それを顧客担当者に見せます。この顧客担当者をスクラムモデルではプロダクトオーナーと呼びます。彼らはそれを裁量的に取り扱います。プロダクトオーナーが、その要件を受け入れて、その後その要件について気に入らないことがあっても、それは問題ありません。私たちがいつも言うのは「気に入らなくても、欠陥やバグ扱いしないでください」ということです。欠陥やバグ扱いするということは、開発チームに何か間違ったことをしたと言っているようなもので、それは正しくないからです。代わりに「既存の要件をそのまま受け入れましたが、より良い情報が得られたので、いくつかの変更を加えたい」という要件に書き直すように言います。そのためのユーザーストーリーを作成し、それをプロダクトバックログに追加して、既存の作業よりもその作業を優先するようにします。

では、スクラムには欠陥は存在しないのか? 存在しますが、多くの場合、スプリント中に発現し、実際に市場に出る前にチームが修正できます。 これは、展開されたシステムから欠陥を取り除こうとするよりも、欠陥を事前に防いでおく方が指数関数的に安価であるため、とても重要なことです。 ウォーターフォールモデルだと、展開中のシステムから欠陥を取り除くという作業になってしまいます。

Mr. Agile® の質問と回答の全シリーズはこちら。 他に訊きたいことがありますか? 今すぐ質問してください

従来のプロジェクト管理からの移行、ベンダー契約の管理、見積りについてなど、Mr. Agile®がお答えします。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.