プラチナムの原則2:アジャイルプロジェクトではチームとして考え、行動する


プロジェクトチームのメンバーは、チームが最も生産的になる方法に焦点を当てる必要があります。 多くの場合、組織がチーム環境で個々のパフォーマンス指標を導入すると、チームメンバーのパフォーマンスは上がるのではなく、実際に低下します。 アジャイルプロジェクトチームのメンバーは、個人ではなく単一のユニットとして成功または失敗します。 アジャイル環境では、プロジェクト チーム全体が、目標への確約、スコープのオーナーシップ、およびその確約を達成するために利用可能な時間の承認において調整する必要があります。

最高のNBAチームは、協力とチームワークなしにディビジョンや世界のタイトルを獲得することは不可能であることを理解しています。 史上最高のバスケットボール選手の一人であるマイケル・ジョーダンは、記者会見で、彼はチームの1人のプレイヤーに過ぎず、勝つためには個人の努力ではなくチームの努力が必要だと繰り返し言っています。 彼は個人のチームメンバーとして、全ての分野で素晴らしいスキルを持っていましたが、それらのスキルを若い選手に喜んで教え、チーム全体を改善しました。 アジャイルプロジェクトチームでも同じです。

以下は、チームとして考え、行動するためのいくつかの戦略です。

  • ペアで開発し、パートナーを頻繁に切り替えます。 ペアプログラミングでは、特定の分野に精通した2人の 開発チームメンバー が共にコードをプログラミングします。 シャドーイングでは、特定の領域に不慣れな 1人のチーム メンバーが、より知識のあるチーム メンバーのシャドーイング(肩越しに学ぶこと)します。 これらのプロセスはどちらも、プロダクトの品質を向上させ、機能横断性を向上させます。
  • それぞれの肩書を、「プロダクト開発者」という共通の肩書に変えます。
  • チームを細分化する特別なマネジメントレポートを作成するのではなく、プロジェクトチームレベルでのみレポートを作成します。
  • 個々のパフォーマンス指標をプロジェクトチームのパフォーマンス指標に置き換えます。

「全体は部分の総和よりも大きい」という古い格言は、アジャイルの観点からも重要です。 アジャイルプロジェクトチームの各個人がチームとして考え、行動することで協調し、機能横断的になると、変化するプロジェクト変数に迅速に対応し、アジリティをさらに高めることができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.