プラチナムの原則3:アジャイルプロジェクトは、書くのではなく視覚化する


プラチナムの原則3は、アジャイルプロジェクトのツールとして視覚化を使用することが、あなたとプロジェクトチームにとっていかに重要であるかを示しています。 人は視覚的に考え、記憶します。 書くのではなく視覚化すると、情報の保持率がはるかに高くなります。 最も成功しているアジャイルプロジェクトチームは、単純な図、図面、モデリングツールの形式で視覚化を使用しています。 情報をできるだけ視覚的に消化できるようにすることで、プロジェクトチームやその他のステークホルダーは、コンセプトやコンテンツへの関連性が向上します。

システムのフィーチャーと個々のパーツがどのように相互作用するかを定義する能力も、視覚化を使用して、システムの記述を強化すると、指数関数的に向上します。 ほとんどの場合、グラフィカルな表現は字で書かれた表現よりも優れており、機能は、直接体験するのが一番良い方法です。 紙にスケッチしただけのものでも、正式なテキストベースの文書よりも効果的なコミュニケーションツールになります。 文章による説明は、共通の理解を確保しようとしている場合、最も弱い形式のコミュニケーションです。

視覚化は、ローデータをコンテキストに配置し、それを情報として処理するのにも役立ちます。 スプリントやプロジェクトのステータスに関する文書を読むだけでは、あまり効果的ではありません。 バーンダウンチャートのような視覚化ツールを追加すると、保持される情報の量が増え、プロジェクトのタイムライン、傾向、考えられる問題領域を一目で確認できます。 「1枚の絵は1000の言葉を描く」は、視覚化の本質を捉えた強力なことわざです。

視覚化の戦略の例を次に示します。

  • テキストの代わりにモデルを使用して概念を伝える
  • チャート、グラフ、ダッシュボードによるプロジェクトステータスの報告
  • ホワイトボード、ロール紙、ペン、コピー用紙を豊富に揃え、視覚化のツールをすぐに利用できるように作業環境を整える

アジャイルプロジェクトで視覚化を導入すると、あなたも、あなたのプロジェクトチームも、ステークホルダーも、顧客も、プロジェクトの情報をより迅速かつ効率的に理解して処理するというメリットを享受できます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.