リーン手法とスクラムの組み合わせ

アジャイルの方法論とフレームワークには、スクラム、XP、かんばん方式など、多くのものがあります。 そのうち1つを使えばうまくいく人もいれば、 複数を使う必要がある人もいます。

「アジャイル」手法を使用して行われているほとんどのプロジェクトは、実際には3つの補完的なアプローチを使用していることがわかりました。進捗公開モデルとしてスクラムを使い、プロジェクトを組み立てていたり、XPエンジニアリング技術を使用してコード品質を向上させ、アプリケーションが常にリリース可能な状態にあることを確かめ、進行中の作業を制限するために(スウォーミングしながら)リーンの環境で作業したりしています。 また、プロセスの「無駄な」要素を公開して削除します。

補完的な手法を組み合わせることで、チームがより効果的で高機能なチームになるのに役立ちます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.