リーンソフトウェア開発とは

リーンソフトウェア開発は、ソフトウェア開発領域におけるリーン生産方式の原則とプラクティスの実装です。 これはトヨタ生産方式から適応されました。 7つの原則に要約することができます:

  1. 無駄をなくす。 無駄とは、顧客に付加価値を与えないものを意味します。 不要なコードや機能、不明確な要件、またはソフトウェア開発プロセスの遅延などが含まれます。
  2. 学習を強化する。 ソフトウェア開発環境を改善するための最良のアプローチです。 短いイテレーションサイクルを使用し、早期かつ頻繁に顧客を関与させることで学習プロセスをスピードアップできます。 製品とプロセスを頻繁に検査し、それらの検査にすぐに適応することで、学習が強化できます。
  3. できるだけ遅く決める。 不確実で時代遅れの仮定や予測に基づいた決断ではなく、事実に基づいた決断を下せるよう、責任を持てる最も遅いタイミングまで決定を遅らせます。
  4. できるだけ早く納品する。 最終製品の納品が早ければ早いほど、次のイテレーションのフィードバックをより早く受け取ることができます。
  5. チームに権限を与える。 マイクロマネジメントをせず 自律性、習熟、目的を奨励しましょう。
  6. 完全性を組み込む。 欠陥を早期に修正します。 テストファーストの開発手法を採用します。 依存関係を断ち切ります。
  7. 全体を見る。 症状ではなく、問題を解決します。 完全な製品を提供します。 長期的に考えてください。
0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.