企業がアジャイルを導入する5つの理由

95パーセントの企業がプロダクトの構築にアジャイルアプローチを採用しています(第10回Annual State of Agile Reportより)。 そして現在、その大半を占めているのがソフトウェア以外の業界です。 企業がアジャイルになろうとする理由は、アジャイルの価値基準と原則からです。

  • 実用的な機能を頻繁に提供することにより、顧客満足度を確保する。
  • 顧客が望むものを構築するために、機能横断的で自己組織化したチームに完全な権限を与える。
  • シンプルで誰でも実現できるコミュニケーション(物理的なコラボレーションツール、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーション、コロケーションなど)を利用して、チームのコラボレーションを最適化する。
  • 無駄なアクティビティを排除し、シンプルさを保つ。
  • フィードバックループを使用して、機能とプロセスを継続的に検査し、適応させる。

アジャイル導入のメリットは現実的であり、その一部はすぐに実現可能です。 しかし、完全なアジャイルトランスフォーメーションには通常、少なくとも1~3年掛かります。 企業がこのような投資を行う理由の上位5つには、市場に投入するまでの時間が30〜40%短縮され、30〜70%のコスト削減、途中の変更に対する柔軟性の向上、品質の向上、透明性の向上などがあります。

1 市場投入までの時間の短縮

市場投入までの時間が短縮すると、プロダクトの先行者利益と投資回収率が向上します。 スクラムは、次の理由により、従来の方法よりも30〜40%速く、顧客に価値を提供します。

  • 開発の開始が早い。 専属のプロダクトオーナーが、開発者が要件を段階的に精緻化し、ジャストインタイムで明確化するのを助けるプロダクトオーナーの存在により、ウォーターフォールプロジェクトにおける事前文書が不要になります。
  • 最も価値の高い要件が、数ヶ月ではなく数週間で、あるいは、プロジェクトが全て完了した時点で、顧客に提供できます。
  • 開発チームは、各スプリントを完了するために1つの機能にだけ集中するため、頻繁に、毎週といった短期間で、出荷可能な機能を提供します。

2 コスト削減

アジャイルプラクティスによって、従来の方法よりも30〜70%のコスト削減につながり、次の方法で投資回収率が向上します。

  • 主要なステークホルダーや顧客との、直接的で、頻繁で、一貫したフィードバックループによって、早期の軌道修正が可能になります。 数日または数週間で軌道修正が必要になっても、数ヶ月または数年経ってからの軌道修正よりは、はるかに安価です。
  • スプリント全体で自動化された継続的なテストにより、欠陥が減り、無駄な作業が減り、より迅速な展開が可能になります。
  • プロジェクトの開始時に最も高い価値とリスクのある機能を優先するので、価値またはリスクが、事前に有効化または軽減できない場合、スクラムチームは、より価値のある機会に作業を方向転換することができます。

3 中期の変更に対する柔軟性の向上

アジャイルプロジェクトでは、プロダクトバックログの垂直スライスが各スプリント中に設計、開発、テスト、文書化、統合されるため、プロセスのどの時点でも、変更を受け入れることができます。 計画が不可欠です。そしてスクラムの反復的かつ継続的な計画プロセスは、次の要因により、プロジェクト全体の変更と適応の脅威を大幅に抑えます。

  • 1スプリントの期間が短いため、スクラムチームは市場の状況変化に即座に適応できます。 スプリントが短いほど、チームはより頻繁に適応できます。
  • 要件は、ビジネス価値とリスクによって優先順位が付けられます。 スクラムチームは、特定のスプリント中に最も価値とリスクが高い機能に優先的に取り組んでいることを認識しているため、中期の変更の影響が軽減されます。
  • テストの自動化と継続的インテグレーションにより、プロジェクトの開始後にインクリメントの要件がプロダクトバックログに追加された場合でも、各プロダクトのインクリメントは出荷可能になります。

4 高品質

高品質のプロダクトを構築するためのアジャイルアプローチは、プロジェクトが終了するまで包括的なテストを延期するのではなく、最初から品質を構築することです。 アジャイルプロジェクトは、次の理由により、従来のプロジェクトよりも後期段階の欠陥がはるかに少なくなります。

  • 自動化により手動テストの量が減り、各スプリントで実行できるテストの範囲が広がる。
  • スクラムチームの完成の定義により、重大な欠陥がなくなるまで要件が完成したとは認めないため、スプリント中に欠陥が特定され、修正されます。
  • プロダクトオーナーによる日々のフィードバック、スプリントごとのステークホルダーと顧客のフィードバック、リリースごとのエンドユーザーのフィードバック(継続的インテグレーションでは1日複数回)により、展開前に欠陥が発見され、重大な問題を迅速に解決できます。

5 透明性の向上

ほとんどのアジャイル組織は、作業を整理し、進捗状況を公開するためのフレームワークとしてスクラムを使用しています。 経験的なプロセスコントロールモデルとして、スクラムには頻繁な検査と即時の適応を可能にする自由な透明性が必要です。

  • デイリースクラムでの日々の調整と、プロダクトオーナーを介したビジネス側とのその場その場での協働。
  • ステータスレポートを提出するのではなく、各スプリントの終わりに、それを構築する人々(開発者)と顧客の間で直接、出荷可能な動く機能を検査します。
  • スクラムチームのツール、プロセス、環境を。継続的な改善を実現するため、一貫した検査と適応を行います。
0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.