米国防総省がウォーターフォールを追放し、アジャイルに!

実現するまでに時間がかかりすぎたが、ようやく、米国防総省(DoD)が、過去に大きなロードブロックであることが判明した調達規則に大幅な変更を加えました。

以前は、ベンダーがウォーターフォールの原則に準拠した方法でソフトウェアを開発するよう法律で義務付けられていましたが、業界の多くが、これが非効率的であると考え、スクラムフォール、アジャイルフォール、ウォータースクラムフォールのような準アジャイルプロセスが生まれました。 チームがアジャイル手法を導入しようとしても、ステージ内のみに限られていて、全体に導入することはできませんでした。

2010年の国防授権法の新しい規則は、米国だけでなく、世界中でソフトウェアが開発される方法に大きな変化をもたらしました。 以下に、法令を抜粋しました:

(2)以下を含むように設計する
(A)ユーザーの早期かつ継続的な関与。
(B)複数の、迅速に実行される機能のインクリメントまたはリリース。
(C)進化的アプローチを支えるための早期の連続的なプロトタイピング。
(D)モジュール式のオープンシステムアプローチ。

「新しい規則により、西側世界を通じて、より頻繁かつ反復的に提供できる自由を得て、この効果は最近の英国や米国のプロジェクトに反映されています」と Scrum.org の記事に書かれています。

これからどうなっていくのか、そして世界が日ごとにアジャイルになっていくのを見るのが楽しみです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.