専属のスクラムマスター

多くの組織では、1人のスクラムマスターが2つ以上のスクラム チームを担当しています。 人員予算や経営者の視点は、スクラムマスターを「スラッシング」する(つまり、複数のプロジェクトを同時に進める)というアイデアを受け入れる組織に影響を与えるかもしれません。 しかし、そうすることにはかなりのコストがかかり、単に長く続きません。 その理由をご説明します。 スクラムマスターの主な責任は、スクラムチームのベロシティを次の方法で向上させることです。

  • 開発チームを守り障害を除去
  • インタラクション、ディスカッション、スクラム活動の促進
  • スクラムの実装を継続的に改善するためにチーム全体を指導

集中力のあるサーバントリーダーのスクラムマスターは、飛行機の抗力を減らすことに尽力する航空エンジニアのようなものです。 開発チームは3~9人で構成されているので、1人のスクラムマスターで最大9人のパフォーマンスが向上します。 同様に、パフォーマンスのわずかな低下の影響も9倍です。 組織がスクラムマスターにスラッシングさせるとに、次のような非効率性が明らかになる可能性があります:

  • 1つのチームがベロシティを向上させ続けることに集中するための許容量を減らす。 あるチームの障害を取り除くと、一時的に別のチームの集中力が奪われる。
  • スクラムイベントへの参加を逃し(例:チームAのスプリントレビューとチームBのデイリースクラムが同時に行われる)、コーチングや障害の特定の機会を逃す。
  • スクラムマスターは、すべてのチームに対し、一つの方法での適応を強いる。

開発者をスラッシングすると、遅延が少なくとも30%増加します。 同様に、スクラムマスターをスラッシングすることはスクラムチームのベロシティに大きな影響を与えるため、避ける必要があります。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.