見積もりポーカーのプレイ方法


要件を見積もる最も一般的な方法の1つは、プランニングポーカー®とも呼ばれる見積ポーカーです。 見積もりポーカーは、スクラムチームが相対的な要件サイズを決定し、開発チームメンバー間の合意を構築するために使用できるゲームのようなものです。 チームが見積もりポーカーをプレイすると、より正確な見積もりが作成できるだけでなく、楽しんで見積もりを作ることができます。

見積もりポーカーをプレイするには、各開発チームメンバーに見積もりポーカーカード用のデッキが必要です。 ストーリーポイントと呼ばれるこれらのカードの数字は、しばしばフィボナッチ数列を使用します。 開発チームは、後続の各番号が前の番号の2倍の値であるダブリングデッキ、またはチームが相対的見積もりに使用できるTシャツのサイズを含むアフィニティデッキを使用することもできます。 見積もりポーカーをプレイするのは開発チームだけです。 遊び方

  1. 開発チームの各メンバーに見積もりポーカーカードのデッキを提供するか、プラチナムエッジの見積もりポーカーアプリをダウンロードしてください。
  2. 適度なユーザーストーリーから始めます。プレイヤーはストーリーポイントを使用して、そのユーザーストーリーについて合意できる見積もりを決定します。 このユーザー ストーリーが基本のユーザー ストーリーになります。
  3. 次に、プロダクトオーナーは、優先度の高い新しいユーザー ストーリーをプレーヤーに読み上げます。 プレイヤーは、見積もりに納得するために必要な質問をします。
  4. 各プレイヤーは、完成の定義に従って、ユーザーストーリーを完了するために必要な工数の見積もりを表すカードを選択し、カードをテーブルに裏向きにして置き、他のプレイヤーが自分のカードを見ることができないようにします。
  5. 開発チームの各メンバーがカードを選択すると、すべてのプレイヤーが同時にカードをめくります。
  6. プレイヤーのストーリーポイントの見積もりが異なる場合:
  • スコアが最も高いプレイヤーと最も低いプレイヤーは、完成の定義に含まれるものや、ユーザー ストーリーの見積もりをそれぞれ高くしたり、低くしたりした理由など、仮定について説明します。 プレイヤーは、ユーザー ストーリーの工数をベースラインストーリーと比較します。 プロダクトオーナーは、必要に応じて、ユーザー ストーリーに関する詳細情報を提供します。
  • 全員が仮定に合意し、必要なユーザーストーリーの説明を得たら、プレイヤーは見積もりを再評価し、新しく選択したカードをテーブルに置きます。 プロダクトオーナーが追加の説明を提供したら、項目4と5を繰り返します。
  • それでもストーリーポイントが異なる場合、プレイヤーはこのプロセスを約3回繰り返します。
  • ストーリー ポイントが引き続き異なる場合、スクラム マスターはストーリー ポイント番号に関するスクラム チームの合意を促進します。
  1. プレイヤーは、全てのユーザー ストーリーの見積もりができるまで、各ユーザーストーリーに対して手順 3から6を繰り返します。

フィボナッチデッキ
フィボナッチデッキはフィボナッチ数列を利用しており、後続の各数値は前の2つの数値の合計です。 相対的見積もりには、0から144までの数値を使用します。

  • 0から8までの数字は、通常、スプリントサイズのユーザー ストーリー用です。
  • 13 から 34 は、リリース レベルのエピック用です。
  • 55 から 144 は、プロダクトロードマップに出てくる、より大きなフィーチャー用です。


ダブリングデッキ
ダブリングデッキは、後続の各番号を2倍にするだけです。 相対的見積もりには、0から1024までの数値を使用します。

アフィニティデッキ
アフィニティデッキは、XSからXLまでのTシャツサイズを使用しています。 Tシャツのサイズは相対的見積もりを理解する簡単な方法であり、プロダクトオーナーは見積もりセッションの後にTシャツのサイズに番号を割り当てることがよくあります。

見積もりポーカーはプロジェクトのどの時点でもプレイできますが、プロダクトロードマップの開発中や、リリースやスプリントに含めるためにユーザーストーリーを徐々に分解するときにプレイすることをお勧めします。 楽しくプレイしてください。そうすれば、開発チームが計画のリズムに入り、ユーザーストーリーの工数をすばやく見積もることができるからです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.