現代のアジャイル実装 – プラチナ原則

アジャイルマニフェストの価値と12のアジャイル原則は、今日のすべてのアジャイル開発方法の基礎を形成しています。 プラチナエッジでは、プラチナ原則と呼ばれる3つの追加原則のリストをまとめ ました

プラチナ原則は、アジャイルマニフェストと12の原則をサポートする拡張であり、ベストプラクティスの検査と適応に基づく現代のアジャイル思考を表しています。 これらの原則は、アジャイルプロジェクト管理への移行に成功したチームとの協力経験と、世界中の大、中、小の組織でのフィールドテストを通じて開発されました。

プラチナの3つの原則は次のとおりです。

  • 形式に抵抗する:可能な限り形式を根絶し、排除します。 プロセスを正式でなく、より効率的にする方法を常に探してください。 シンプルでわかりやすいコミュニケーションは、チームとプロジェクトに最適です。
  • チームとして考え、行動する: プロジェクトチームのメンバーは、チームの生産性を最大限に高める方法に焦点を当てる必要があります。 これは、個人的なニッチと個々のパフォーマンス指標を手放すことを意味する場合があります。 多くの場合、組織がチーム環境で個々のパフォーマンス指標を導入すると、チームメンバーのパフォーマンスは上がるのではなく、実際に低下します。 アジャイルプロジェクトチームのメンバーは、個人ではなく単一のユニットとして成功または失敗します。
  • 書くのではなく視覚化する:私たち人間は、デフォルトで画像で自動的に考え、記憶します。 書き込むのではなく視覚化すると、情報の保持率がはるかに高くなります。 最も成功しているアジャイルプロジェクトチームは、可能な限りビジュアライゼーションを使用しています。 シンプルな図、図面、またはモデリングツールを使用して、この視覚化を実現します。 情報をできるだけ視覚的に消化できるようにします。

プラチナ原則は、プラチナエッジがクライアントの俊敏性向上を支援することに成功した鍵のいくつかを表しています。 真にアジャイルなアプローチは、組織が昨日の伝統から離れ、顧客、製品、組織にとって何が最善かを継続的に尋ねる構造をあらゆるレベルで開発することを奨励します。 アジャイルプロジェクトの現状に絶えず挑戦することで、新しいレベルの効率とチームの生産性に到達できます。

0