組織にトレーニングを受けたスクラムマスターが必要な理由

スクラムはシンプルでありながら非常に強力なフレームワークであり、チームが短いサイクルで顧客に価値を実証して提供し、進捗状況の透明性、頻繁なフィードバックと検査、および変更への即時適応を可能にします。 スクラムは理解するのは簡単ですが、習得するのは難しいです。

スクラムは理解しやすく、習得するのが難しいため、正式なトレーニングは、習得への道のりの強固な基盤を提供するための重要な要素の1つです。 たとえば、Scrum Allianceは、アジャイルコミュニティで最大かつ最も確立され、影響力のあるプロフェッショナルメンバーシップおよび認定組織です。 Scrum Allianceの審査を通った認定スクラムトレーナー(CST)は、スクラムの豊富な経験と効果的なトレーニング方法を用いて、認定スクラムマスター(CSM)トレーニングを提供します。ここでは、実践者がスクラムのフレームワークと、どのようにスクラムが機能するかを経験する機会を与えてくれます。

スクラムマスターのトレーニングと認定資格のメリットは次のとおりです。

スクラムを実践しながらスクラムを学ぶ

トレーニングプロバイダーを選択するときは、知識を提供するだけでなく、実践を通じてトレーニングしてくれるプロバイダーを選んでください。 実践的な学習アプローチにより、スクラムトレーニングが定着する可能性が高まります。

アジャイルの価値観と原則を理解する

スクラム実践を始めたばかりでも、すでにスクラムチームが動いている場合でも、アジャイルの価値観と原則を適用して、アジャイルであることの意味を知り、スクラムの導入から最大の価値を達成できるようにすることは非常に重要です。 経験豊富な認定スクラムトレーナーは、アジャイルの価値観と原則を実際に適用するための議論や活動を促進するために絶対に不可欠です。 ツールとテクニックは変わるかもしれませんが、価値観と原則は変わりません。 チームや組織全体がアジャイルの価値観や原則を理解し、しっかりとした経験を共有することで、スクラムの採用が成功する可能性は飛躍的に高まります。

考え方を変える

スクラムの知識や経験は人それぞれであるため、すべてのリーダーやチームメンバー、特にスクラムマスターが共通のスクラムトレーニングを受けることで、オンボーディングにかかる時間を大幅に短縮し、組織が最適なパフォーマンスを早期に達成することができます。 さらに、従来のプロジェクト管理の経験がある人にとっては、スクラムでより現代的な考え方を学ぶための道を切り開くために、古い習慣のくせをなくすことがさらに重要です。

チームメンバーや同僚との連携を深める

プロダクトオーナー、開発チームメンバー、スクラムマスターのいずれであっても、誰もがスクラムのルールに従い、アジャイルの価値観と原則を具体化することが期待されています。 訓練を受けたスクラムチームとリーダーシップを持つことで、スクラムマスターは自信と組織的な影響力を持ち、顧客の利益のために効果的な相互作用と進歩を促進することができます。

コミュニティへのアクセス

ほとんどのトレーニングおよび資格認定機関は、トレーニングのフォローアップサポートを提供しています。 たとえば、Scrum Allianceは、数十万人のスクラム実践者と専門家のグローバルネットワークであり、ネットワーキング、学習、メンタリング、コラボレーションのための対面イベントを含むオンライン、グローバル、地域、およびローカルのリソースを提供しています。 シリコンバレーからマイアミまで、これらのネットワークは、スクラムマスターとしての専門的な作業環境で直面するハードルをクリアするのに役立ちます。

資格のある従業員とのプロジェクトを獲得する

ITサービスを基盤とする組織にとって、契約の勝敗は、プロジェクトを遂行し、価値を提供するための有能な人材がいるかどうかで決まります。 たとえば、スクラムアライアンスのCSM(および認定スクラムプロフェッショナル(CSP)を含むその他の認定資格)は、業界で認められた基準であり、グローバルに能力審査の影響力を持っています。

認定スクラムマスター(CSM)としてのトレーニングを受けましょう。 お近くの講座を探してください。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.