組織内でのスクラムのスケーリング

第9 回Annual State of Agileの調査によると、組織の大多数(66%)がスクラムを使用しています。 また、アジャイルプロジェクトでは、85%がスクラムを使用しています。 スクラムを使用している組織が成熟し始めると、パイロットのスクラム チームを超えてスケーリングすることが共通の課題になります。

アジャイル手法のスケーリングには、いくつかの意味があります。 アジャイル手法の使用を組織全体に拡大することは、スケーリングの一種です。 これは、組織の他のメンバーが、進捗状況を公開し、継続的な改善と顧客への早期かつ頻繁な価値の提供を検査して適応するための、スクラムのアプローチの価値を理解するのに役立つことを目的としています。

スケーリングとは、共通の製品リリースに向けて複数のスクラムチームを必要とするプロジェクトのことも指します。 コーディネート、コミュニケーション、依存関係の緩和が、このタイプのスケーリングの目的です。

同調査によると、組織の大多数(66%)は、スクラムオブスクラムと呼ばれるアジャイル手法を使用して、マルチチームプロジェクトのアジャイル へとスケーリングしています。 スクラムオブスクラムは、IT以外のスクラムで機能する可能性がありますが、ほとんどの場合、マルチチームプロジェクトのスケーリングに使用されます。

コミュニケーションの問題は通常、チーム間の調整に改善が必要であることを示す最初の指標です。 スクラムオブスクラムは、シンプルでオーバーヘッドをほとんど必要としない調整モデルです。

図1:スクラムオブスクラム モデル

スクラムオブスクラムは、バーティカル・スライシング(垂直方向にスライスされた製品機能の全レイヤーを別々のチームが実装すること)を用いて、スクラムチーム間の効果的な統合、調整、コラボレーションを促します。 図1を参照してください。 各チームの各役割には、関連するチームの同じ役割の人々と毎日調整する機会があり、優先順位と依存関係を調整し、より広範なプログラム チームに影響を与える障害を特定します。 各役割におけるスクラムオブスクラムは、各役割の統合レベルの担当者が取り仕切ります。 徹底的な統合とリリースの取り組みにより、一貫性のある定期的なスクラムオブスクラム モデルが確立されます。 詳細については、プラチナムエッジの創設者兼CEOであるマーク・レイトンが書いた『Scrum for Dummies』を参照してください。

スケーリングの課題は、組織によって違います。 スケーリングフレームワークが包括的であればあるほど、あらゆる状況で機能する可能性は低くなります。 スケーリングの課題に対処する場合、スケーリングに対処する一般的なアジャイル プラクティスは、直面する課題に対してのみ使用する必要があります。 広範で規範的なスケーリングフレームワークを実装すると、通常、必要以上に複雑さとオーバーヘッドが追加されます。 そのため、スクラムオブスクラムが最も一般的に使用される手法なのです。 これは、相互依存チームが、マルチチームプログラムに成長し始めるときに共通する、特定のチーム間コミュニケーションの課題に対処します。

スケーリングの必要性が何であれ、スクラムはフラクタルであり、どのスケールでも純粋さを維持できている必要があることを忘れないでください。 スクラムによって露呈する問題を必ず検査し、その特定の問題に対してアジャイル原則によってサポートされるソリューションを適用してください。 製品の成長と進化に合わせて、全体を検査して適応させます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.