経験豊富なスクラムマスターによるスクラム移行

スクラムは、ソフトウェア開発において最も広く導入されているアジャイルアプローチです。 スクラムへの移行は、継続的な改善と効率化のためのフレームワークとして機能します。 スクラムの導入は、一部の地域ではまだ進化と成熟を続けており、ソフトウェア開発以外の業界やビジネス機能でも注目され始めています。 そういった業界には、製造、教育、医療、軍事、サイバーセキュリティ、出版、人事、財務、販売、マーケティング、リーダーシップなど含まれます。

スクラム移行を始めていても、組織内に訓練を受けた実績のあるスクラム専門家がいない場合は、外部の人材を雇うのが最善策です。 そうすることで、すでにスクラム移行の経験がある人材を確保します。 その人は、スクラム移行の初期段階の落とし穴と課題を乗り越える手助けをしてくれます。

スクラムマスターは、スクラムチームのメンバーと組織に対して、スクラムの仕組み、 スクラム の価値、そして最終的にはアジャイルの原則に関するコーチです。 堅実なスクラムマスターの助けを借りて組織に定着させることは、始まりとしてはとても良い方法です。 その理由をご説明します。

組織文化を打破する

経験豊富なスクラムマスターをコンサルタントとして雇うことの最も明白な利点は、その人が、まだあなたの組織の文化の影響を受けていないということです。 コンサルタントは「問題の一部」ではないので、従来の習慣や機能不全から組織を支援するためのある程度の影響力と権限を持っています。 ほとんどの組織は、現状から離れるために、他の方法では得られない機会を得るために、こういった外部の視点とリーダーシップを
必要としています 。

よくある落とし穴を避ける

スクラムガイドや書籍やケーススタディなどの他のリソースにならうだけで、スクラムの価値観と役割を実装しても、あらゆるパターンを網羅できるわけではありません。 訓練を受けた経験豊富なスクラムマスターは、スクラムの導入中に必ず発生する一般的な落とし穴やトリッキーな状況をすでに経験しています。

どの組織もそれぞれ性質が異なるので、スクラムプロジェクトがうまくいかなくなる原因も様々です。 コンサルタントは、スクラムの訓練を受けたものの実践経験のない従業員よりも、はるかに早く、失敗の兆候と変化への抵抗を見つけ出すことができます。

最適な効率を迅速に達成


スクラムマスターのコンサルタントが加わることで、スクラム導入にかかる時間を短縮できます。 ベテランのスクラムマスターは、人々をまとめ、合意に達するよう促す方法を知っています。 すべての スクラムチームはタックマンモデルの形成期、混乱期、規範期、機能期という4つの段階を経験します。 コンサルタントが持ち込むノウハウのおかげで、規範期と機能期にかかる時間が短縮される可能性があります。 経験豊富なスクラムマスターは、サーバントリーダー、ファシリテーター、シールドになる方法について深い知識を持っています。

従業員は、コンサルタントの貴重な専門知識を活用し、迅速にスピードアップすることができます。 従業員は、特定のアジャイル手法や働き方について疑問を持っても、いつでも知識のある人に相談することができます。

スクラムマスターの役割で品質を確保することに焦点を当てる

外部のスクラムマスターは、開発業務をこなしながら「パートタイム」スクラムマスターとしての役割もこなすという二重の責任によって、負担を強いられたり打ちのめされたりする可能性が低いです。 新しいスクラムチームには、役割に集中し、献身的で効果的なスクラムマスターが必要です。

経験豊富なスクラムマスターコンサルタントはまた、今後の組織の基調、期待、品質基準を設定することができます。

専門家によるスクラム移行

あなたの組織にスクラムを採用する準備ができていて、ガイドを探している場合は、私たちにお手伝いさせてください。 当社はスクラムチームを成功に導くための移行コンサルティングソリューションをご提供します。これらのサービス の詳細については、 こちらをご覧ください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.