結果につながるデイリースクラムの9つの鍵

価値のある製品インクリメントを顧客に提供するためには、デイリースクラムはが不可欠です。 簡単ではありませんが、あらゆるスクラムイベントがそうであるように、実践とともにうまくできるようになっていきます。 この記事では、デイリースクラムと各チームメンバーの役割、およびそれらをより効果的にするための役立つヒントを確認していきましょう。 デイリースクラムによって、チームは毎日、その一日を最高の日にするための計画を練ります。

デイリースクラムとは?

スクラムガイド』では、デイリー スクラム を次のように定義しています。

「…開発チームのための15分区切りのイベントである。 デイリースクラムはスプリント期間中、毎日開催される。 その際、開発チームは次の24時間の作業を計画する。 これにより、前回のデイリー スクラム以降の作業を検査し、今後のスプリント作業を予測することで、チームのコラボレーションとパフォーマンスが最適化される。 デイリースクラムは、複雑さを避けるために、毎日同じ時間と場所で開催する。

開発チームは、デイリー スクラムを利用して、スプリント目標に向けた進行状況を検査し、スプリントバックログの作業完了に向けた進行状況の傾向を調べる。 デイリースクラムは、開発チームがスプリント目標を達成する確率を高める。 開発チームは毎日、スプリントの目標を達成し、スプリントの終わりまでに予想されるインクリメントを作るために、自己組織化チームとしてどのように協働するかを理解しておく必要がある。」

つまり、デイリースクラムは、スクラムチームが進捗状況を確認し、スプリント目標を達成するための計画を調整する機会です。 目的は同期、調整、検査、適応です。 ステータスレポートではありません。

デイリー スクラムの目的がステータスレポートではない理由は、プロダクトバックログとスプリントバックログがあるため、ステータスは常に透明だからです。 チームが目標に向かってどのように進んでいるかは、リリースとスプリントのバーンダウンが毎日教えてくれます。 アジャイルの原則7:「動くソフトウェアが、進歩の主要な尺度である」。これを覚えておいてください。

デイリースクラム中のチームの役割


デイリー スクラムは、主に開発チームがその日の作業を調整するためのものですが、スクラムマスター、プロダクトオーナー、およびステークホルダーも参加できます。 スクラムマスターは、プロダクトオーナーやステークホルダーよりも参加回数が多いこともあります。 ステークホルダーは、発言したり、開発チームの会話を中断したりしてはなりません。 スクラムマスターは、中断がないよう注意しながら開発チームを守ります。

デイリースクラムは開発チームの責任範疇で、デイリースクラムを利用して毎日可能な限り最高の日を計画および調整します。 「最高の日」とは、開発の進捗状況、障害、必要な組織会議、前日のフィードバックなど、チームが持っているすべての情報を検討し、その日に最適な計画を立てるために調整を行うことを意味します。

また、 スプリントバックログも開発チームの責任範疇なので、開発チームのメンバーはタスク ボードを一日を通して最新の状態に保つようにします。 新しいタスクを特定したら、それらを追加します。 タスクが不要になった場合は、削除します。 これにより、すべての作業が可視化され透明になるため、デイリースクラムが簡略化されます。

デイリースクラムで、開発チームは次のことについて話し合います。

  • 今日の作業にとって重要なスプリント 目標を達成するために昨日 行ったこと。
  • 開発チームがスプリント目標を達成するのをサポートするために 、今日 行う必要があること。
  • 開発チームがスプリントの目標を達成するのを妨げる 障害 について。

開発チームは簡潔に発言し、タスクを見えるように表示し、それを参照しながら話し合い、短い時間枠で全員が参加できるようにします。 たとえば、「昨日、タスクXを完了しました。 今日はタスクYに取り組み、<チームメンバー名>のサポートがあると嬉しいです。 また、今すぐに解決する時間がないことはわかっていますが、テスト環境にアクセスできなくなって、本当に必要なので言っておきます。」

スクラムマスターは、チームが(物理的にもバーチャルにも)毎日のスクラムを成功させるための環境を準備します。 スクラムマスターは、スプリントバックログ、スプリントバーンダウンチャート、完了の定義、スクラムチームに役立つアジャイルアーティファクトを通じて、スクラムチームの進捗状況が見える化されていることを確認します。 (私たちはこれらを情報ラジエーターと呼んでいます。それらはいつも、誰にとっても、広い範囲で見える化されています。)

また、スクラムマスターは、スプリントバックログの調整が必要な場合に備えて、付せんやペンをすぐに利用できるようにしておきます。 効果的なデイリースクラムのしかたをチームに教えたら、スクラムマスターは座って観察し、チームを指導する機会を注視します。 また、スクラムマスターが障害解決の進捗状況やエスカレーションを共有し、障害の優先順位とそれらを取り除くためのチームからの提案を理解する機会を探ることも有益です。

プロダクトオーナーの参加は任意です。ただし、ほとんどのチームが、プロダクトオーナーの関与が重要であると考えています。 プロダクトオーナーは、すべての人をパッとサポートできる予防的なガイダンスや明瞭な説明を提供できる場合があります。

結果につながるデイリースクラムのヒント:

  1. タスクボードの周りに物理的に集まります。 チームとして、タスク ボード(スプリントバックログ) に集中し、掲示されたタスクについて話すことを学ぶ。
  2. 過度に独断的な意見表明は避ける:貴重なデイリースクラムの時間を独占するような人は、チームメイトを苛立たせます。 そういうことが起きたら、すぐに、デイリースクラムの後に行われるエクセキューション・ディスカッションに移行するのがベストです。 スクラムマスターはこれを注視し、その日の計画について話し合うことに焦点を戻します。
  3. 障害については言及するだけで、解決はしない。短い時間で障害について話し合ってください。 わずか15分で障害に対処するのは難しいです。
  4. スクラム後のトピックを集めます。チームによっては、毎日のスクラム後に話し合うためのチームトピックをバックログで管理する場合もあります。 それらに優先順位を付け、会話が関係がない人は、自分のタスクに取り組むためにその場を離れ、それにより「自分の足で投票する」ことができるようにします。
  5. トーキングスティックを使う:世界中の人が聞いていてもいいですが、話をしていいのは「トーキングスティック」(おもちゃ、ボール、マーカーなどでも)を持っている人だけです。 アクティブリスニングの練習をしましょう。
  6. 開発チームのメンバーと協働する:スクラム マスターは、デイリー スクラムを開始したり、チーム内の議論を促すために環境を整えたりする場合がありますが、一歩下がって開発チームのコラボレーションを見守りましょう。 開発チームのメンバーは、ステータスレポートとして会話を聞いているスクラムマスター、プロダクトオーナー、またはステークホルダーではなく、開発チームの仲間と話をするべきです。
  7. 情報ラジエーターを導入する: 情報ラジエーターは、チームやステークホルダーに情報を拡散します。 情報ラジエーターは、スクラムのような経験的工程管理の重要な柱である検査と適応に必要な透明性を提供します。 これは、チームが必要とするものすべてが透明である場合にのみ可能なことです。 タスクボード(スプリントバックログ)の他に、情報ラジエーターとして考えられるのは、製品ビジョン、ロードマップ、リリース目標、スプリント目標、プロダクトバックログ、バーンダウンチャート、完了の定義、レトロスペクティブの実験などです。
  8. 「どう感じますか?」と尋ねよう:毎日、この質問をすることをお勧めします。 チームの士気を感じ取り、スプリントレトロスペクティブを待たずに、何か変更する必要があるかどうかを確認します。 幸せなチームは、より良い製品をより迅速に構築します。
  9. 最後に、そして最も重要なことは、物事を互いに隠すのをやめる:質問があるとき、行き詰まっているとき、助けが必要なとき、または助けを提供できるときは、透明性とオープンさを保ちましょう。 チームが効果的なのは、現実と足並みがそろっている時だけです。

スクラムはチームスポーツ

スクラムはラグビーの比喩であり、そのことが重要なポイントです。 ラグビーでは、スクラムは次の図のようになります。

ラグビーの各チームメンバーは腕をロックし、同じ方向(ゴール)を向き、ボールに一点集中します。 スクラムフレームワークの共同作成者であるケン・シュウェイバーも、アメリカンフットボールのハドルの比喩を使ってデイリースクラムに言及しています。 ハドルを行うことで、チームは次のプレーで各メンバーがゴールに向かってボールを動かすために何をするかを素早く調整することができる。

どちらの場合も、チームが楽しんでいます。 この連携の強さ、集中力、勢いを持つチームを止められるものはほとんどありません。 F1レースカーでさえ、止められません!

デイリースクラムの改善に継続的に取り組むことで、チームの全体的なパフォーマンスが向上します。 『スクラムガイド』の明確さとこれらは、手始めとして最適です。 しかし、もっと重要なのは、チームにとって最も効果的なことを行うことです。 レトロスペクティブ活用して、デイリースクラムを改善し続けましょう。 あなたのチームはそれに応え、顧客は評価するでしょう。

デイリースクラムを最適化したいですか? 私たちがお手伝いします。 今すぐご連絡を

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.