集中型と分散型の意思決定:どちらがより優れているのか?

ジェイソン・ガードナー(編)

どの組織でも、意思決定はビジネスの成功または失敗に重要な役割を果たします。 優れた意思決定プロセスの中心には、意思決定がどのように行われるかを理解することがあります。 意思決定は、中央集中型または分散型のいずれかです。 中央集中型の意思決定は、トップレベルの経営陣によって決定が下される状況であり、分散型の意思決定には、より下位の管理層、または個々の従業員への権限の委任が含まれます。 この記事では、これら2つの意思決定アプローチの違いと利点について説明します。

意思決定のスピード

中央集中型の意思決定のほうが迅速だという錯覚を持つ可能性がありますが、実際にはより遅いことがしばしばあります。 その理由は、中央集中型の意思決定では、複数人の人々がまず問題について知り、経験則に基づき解決策を考え、実際の決定を下す必要があるためです。 中央集中型の意思決定者(あるいは意志決定グループ)の時間は、多くの場合、限界があります。 意思決定者は、その権限を与えられているため、迅速に決定を下すことができるかもしれませんが、彼らが決定を下すまでの待ち時間が、しばしば意志決定プロセスを遅くさせることになります。

意思決定の質

分散型意思決定の主な利点の1つは、意思決定の質です。 その行動、あるいは問題に最も近い人物が、問題それ自体、その文脈、その状況をより深く理解しているので、その事態に対して最も適した意思決定を下すことができます。 対照的に、中央集中型の意思決定は、上層部数名の直感に大きく依存し、状況の分野についての理解が限られている可能性があるため、リスクが高くなる可能性があります。

従業員のエンゲージメント

中央集中型の意思決定は、従業員の意欲低下や離職につながる可能性があります。 その理由は、意思決定プロセスに組み込まれた要因を知らされることなく、決定が下されたと認識され、連携に隙間が生じるためです。 分散型の意思決定は、従業員が自律性を与えられ、組織の成功に貢献しているときに評価されていると感じるため、従業員のエンゲージメントを促します。

拡張性

分散型の意思決定は、スケーラブルなビジネスにとって理想的なアプローチです。 組織が成長するにつれて、意思決定の責任を下位層に委任することで、意思決定プロセスの応答性、適時性、俊敏性を維持することで、スケーラビリティが向上します。 一方、中央集権的な権力構造に依存している企業は、リーダーシップに課される意思決定の量が増えるにつれて、規模を拡大するのに苦労する可能性があります。

リスクマネジメント

中央集中型の意思決定により、組織はよりコントロールされた、戦略的な方法でリスクを管理できます。 意思決定グループの人数が限られているため、視野の共有がしやすく、包括的で効果的な意思決定を行うことが容易になります。 これにより、中央集中型の意思決定は、リスクを軽減または管理する必要がある状況に最適です。 より柔軟で適応性のある意思決定には、分散型の意思決定がより適しています。

均一性

均一性が必要な場合は、中央集中型の意思決定が望ましいです。 分散型の意思決定には、同様の決定を下す必要があるグループが複数存在する場合がありますが、それぞれが異なる方法で解決することを選択する場合があります。

まとめ

中央集中型または分散型の意思決定をいつ使用するかを知ることは、組織を管理する際に不可欠です。 これら2つのアプローチの違いと利点を理解することで、組織の状況に適した意思決定プロセスを選択し、意思決定のスピード、質、従業員のエンゲージメント、スケーラビリティ、均一性、およびリスク管理の向上を確実に最適化できます。 中央集中型と分散型のどちらを選択するかを決めるということは、どちらかを選択するということではなく、組織のニーズに基づいて適切なバランスを見つけるということです。 どちらのアプローチを選択する場合でも、重要なのは、各アプローチの長所と短所のバランスをとる効果的な意思決定プロセスを導入することです。

 

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.