Ask Mr. Agile®:各チームに専任のスクラムマスターが必要であることを正当化するにはどうすればよいでしょうか?

アジャイルに関するあなたの質問は何ですか? 従来のプロジェクト管理からの移行、ベンダー契約の管理、見積りについてなど、Mr. Agile®がお答えします。

質問

各チームに専任のスクラムマスターが必要であることを正当化するにはどうすればよいでしょうか?
動画を観る:

Mr. Agile®の回答

これは本当によく訊かれる質問です。その理由はおそらく、本当に優れたスクラムマスターは反応的ではなく積極的だからでしょう。 本当に優れたスクラムマスターがチームにいる場合、多くの場合、劇的な事件は起きないし、一生懸命働いていることを同僚に証明してみる必要もありません。 しかしこれは、アジャイル手法に移行したときに期待通りのパフォーマンス向上が見られるかどうかを判断する重要な要素のひとつです。

例を挙げましょう。 たとえば、500 ストーリー ポイントの製品バックログを持つチームがあり、そのチームはスプリント毎に 20ストーリー ポイントを実行しているとします。 チームのコストが週4万ドルで、1スプリントの期間は2週間だとします。 そのスクラムマスターが組織の障害やその他の障壁を取り除き、スプリントごとに 25ストーリーポイントを実行できるようにベロシティを上げることができれば、そのプロジェクトは10 週間短縮でき、40万ドル削減できます。

各チームにスクラムマスターを専任させる際に組織が認識する必要がある主なことは、ベロシティのわずかな改善が、財務収益の指数関数的な改善をもたらすということです。

Mr. Agile® の質問と回答の全シリーズはこちら

他に訊きたいことがありますか? 今すぐ質問してください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.