Spotifyの企業文化:旅の途上

Spotify Labsは最近、アジャイルエンジニアリングプラクティスの導入など、会社のエンジニアリング文化を説明するアニメーション動画のパート2をリリースしました。 この会社の文化は、終わった旅ではなく、まだ旅の途上にあるので、動画は「今日の状況」と「私たちが物事をどうしていきたいか」の中間にあります。

パート1では、同社の文化がアジャイルの原則に基づいており、エンジニアリングは分隊で、疎結合で緊密に連携しながら行われていることが分かりました。 これにより、コードの内部オープンソースモデルが可能になります。 同社の文化は、同社の人材に基づいており、構造とコントロールではなく、モチベーション、コミュニティ、信頼に焦点を当てています。

パート2では、失敗に焦点を当て、他の誰よりも速く失敗することについて話をしています。 つまり本質的に、会社の学習スピードは速く、失敗から迅速に改善をすることができるのです。 このフェイルフレンドリーな環境という考え方は、障害回避とは異なり、迅速な障害復旧を可能にします。

健全な文化は壊れたプロセスを治してくれます。 あなた自信が会社の文化です。したがって、あなたが望む振る舞いを、あなた自身が見せましょう。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.