アジャイルアクティビティ:プロジェクト計画

アジャイルプロジェクトでは、プロジェクト開始時のプロジェクト計画期間が比較的短くなります。 プロジェクト計画中に、 プロジェクトチームは ミーティングを開き、プロジェクトの方向性を戦略レベルで設定し、プロジェクトを完了に導きます。 従来のプロジェクト計画とは異なり、アジャイルプロジェクトの計画は、短期間で、通常は2回以内の短いセッションで完了します。

プロジェクト計画のアクティビティは、価値へのロードマップの最初の2つの段階(プロダクトビジョンプロダクトロードマップの作成)で概説されています。 このアクティビティの参加者には、プロジェクト チーム (プロダクトオーナー スクラム マスター開発チームメンバー、主要なステークホルダー) が含まれます。

プロジェクト計画の最初のパートでは、プロダクトオーナーがプロダクトビジョンを特定します。 プロダクトビジョンは、プロジェクトの目的地です。 これは、プロダクトとは何か、それが会社や組織の戦略をどのようにサポートするかを定義するものです。 プロダクトビジョンには、誰がそのプロダクト使用し、なぜ使用するのかが含まれます。 この最初のパートの結果生まれるものは、最初の価値へのロードマップ作成物であるプロダクトビジョンステートメントです。 これはエレベーターピッチ、あるいはプロダクトの目標を明確にする簡単な要約です。

プロダクトビジョンの策定には以下が含まれます。

  • プロダクトの目標の策定
  • ビジョンステートメントの草案の作成
  • ビジョンステートメントの検証と改訂
  • ビジョンステートメントの最終決定

プロジェクト計画のパート 2 では、プロダクトオーナーがプロダクトロードマップを作成します。 . プロダクトロードマップは、プロダクト要件の概要であり、それらの要件を開発する時期については大まかな時間枠があります。 プロダクト要件を特定し、それらの要件に対する作業に優先順位を付けて大まかに 見積も ることは、プロダクトロードマップを作成する上で大きな部分を占めます。

プロダクトロードマップの作成には、次のものが含まれます。

  • プロダクト要件の特定
  • プロダクトフィーチャーの調整
  • プロダクトのフィーチャーの見積もりと注文
  • 大まかな時間枠の決定

長期のプロジェクトでは、少なくとも年に1回はプロダクトビジョンステートメントを再検討してください。 優先順位の変更に応じて、プロジェクト全体でプロダクトロードマップを更新します。 今のところ、最初のリリースの内容は明確です。 これにより、価値へのロードマップの第3段階である リリース計画の準備をすることができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.