アジャイルアクティビティ: スプリントレビュー

スプリントレビューは、アジャイルプロジェクト管理の検査と適応サイクルの重要な部分です。 スプリントの 振り返りとともに、スプリント 間のコアフィードバックループを形成します。 スプリントレビューミーティングには、チームが完了した内容を実証することと、製品に関するフィードバックを収集することの 2 つの目標があります。

スプリントレビューでは、 開発チームスクラムマスタープロダクトオーナー関係者 が集まり、成果について話し合います。 製品のエンドユーザーも関与させることをお勧めします。 プロジェクトに関心のある人なら誰でも参加できます。 多くの場合、製品所有者は、スプリントの目標を要約し、何 が行われたかを特定することから会議を開始します。 完了の定義を満たし、製品所有者によって承認されたユーザー ストーリーのみが 完了と見なすことができることに注意してください。 その後、開発チームが引き継ぎ、完成した製品の増分の概要を全員に提供します。 短いQ&Aセッションが続き、利害関係者が質問することができます。 受け取ったフィードバックをすべて書き留めてください。 一部のチームは、プロダクトオーナーが 現状のプロダクトバックログ とプロジェクトの方向性について話し合うことで、スプリントレビューを終了します。

会議は、スプリント期間の週に 1 時間を超えてはなりません。 これは非公式の会議であるため、準備時間を最小限に抑える必要があります。 一般的に受け入れられているスクラム慣行があり、デモがスクリプト化または不正操作されるのを防ぎ、スライドは許可されていません。

利害関係者、場合によってはエンドユーザーからのすべてのフィードバックがある場合、スプリントレビューの結果は通常、更新された製品バックログです。

さまざまな種類の アジャイルプロジェクトアクティビティ の詳細については、以前のブログ投稿を参照してください。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.