アジャイルプロジェクトマネジメントのイベント

スクラムフレームワークは5つのイベントで構成されています。 各イベントは、スクラムチームがプロダクトまたはそのプロセスのいずれかに透明性を提供し、定期的な検査と即時の適応を可能にします。

また、スクラムモデルの下でプロジェクトの成功を補完し、向上させるいくつかの一般的なアジャイルプラクティスも見つけました。 それぞれがスクラムフレームワークと共に、価値へのロードマップで概説されています。

段階1 – ビジョン。 価値へのロードマップの最初の2つの段階は、スクラムの一部ではありませんが、プロジェクトの方向性を確立するために一般的かつ成功裏に使用されます。 プロダクトビジョンを確立することで、スクラムチームは会社の戦略に沿ったプロダクトの最終目標、つまりプロダクトの「何」と「なぜ」を明確に定義します。 エレベーターピッチのように簡潔にする必要があるため、開発のどの段階でも簡単に参照して、スクラムチームが全体的な戦略と戦術的に一致していることを確認することができます。 ビジョンの確立は、プロジェクト計画の最初の部分です。

段階2 – プロダクトロードマップ。 プロダクトビジョンは、プロダクトの目的地を概説するものです。 プロダクトロードマップは、そこにたどり着く方法を概説します。 これは、ビジョンを達成するために必要なプロダクト機能の全体像です。

これらの最初の2段階は、スクラムモデルの下でのプロジェクトが戦略的に安定していることを保証するために不可欠です。 次の段階で、可能な限り最高の価値を、経験的に顧客に提供するための戦術的な柔軟性が提供されます。

段階3 – リリース計画:リリース計画はスクラム イベントではありませんが、スクラム チームがリリースする最初のプロダクトフィーチャーセットを計画し、リリース日(チームはこのリリース日に向かって作業をします)を特定するプロセスの一部です。 各リリース目標は、顧客が現実の世界で使用するためにリリースされる、特定の機能に関する中期的な境界を確立します。 スクラムチームは、一度に1つのリリースを計画します。なぜなら、各リリースでの顧客からのフィードバックが、後続のリリースで計画する内容に根本的に影響を与える可能性があるからです。 各リリース目標は、プロダクトビジョンと一致しています。

スプリント。 価値へのロードマップの特定の段階ではありませんが、スプリントは他の各スクラムイベントの容れ物です。 スクラムチームは、短いサイクル、またはスプリントと呼ばれる開発の反復で、潜在的に出荷可能な機能を作成します。 スプリントの期間は1か月以下、通常は 1~2週間で、1日という場合もあります。 経験的モデルの下では、スクラムチームが以前のスプリントで達成したことに基づいて、各スプリントで何ができるかを自信を持って推定できるように、スプリントのばらつきを減らし、長さを一定にすることが重要です。 スプリントは、スクラムチームが継続的な改善をするために、プロジェクトの最後ではなく、即座に調整する機会を与えます。 スクラムチームは、数ヶ月単位で修正するのではなく、数週間、もっと言えば数日単位で修正します。

段階4 – スプリント計画:各スプリントは、スクラム チームがリリース目標に沿ったスプリント目標を確立することから始まります。 また、スプリント目標をサポートするプロダクトバックログから要件を特定し、スプリントの終わりまでに、潜在的に出荷可能な機能を提供するために各要件を完了する時に必要な、個々のタスクを計画します。

段階5 – デイリー スクラム:スプリント中は毎日、理想的には同じ時間に、スクラム チームメンバーがその日の作業を計画する15分以内のミーティングです。 開発チームは、前日に達成した内容に基づいて、スプリント目標の達成に近づくために、翌日に誰が何をするかを決めます。 ステータス報告会議とは異なり、デイリースクラムは経験的に計画、調整、および障害を取り除くために利用します。

段階6 – スプリント レビュー: 各スプリントの最後に、スクラム チームはプロジェクトのステークホルダーとミーティングを行い、スプリントの目標を確認し、スプリント中に完了した実用的なプロダクト機能を実証することで、プロダクトを検査して適応させます。 スプリントレビューは、プロダクトオーナーがステークホルダーからフィードバックを収集して、スクラムチームが顧客に望ましい価値を提供しているかどうかを判断する機会です。 受け取ったフィードバックはプロダクトバックログに追加され、将来のスプリントで検討するためにプロダクトオーナーによって優先順位が付けられます。

段階7 – スプリントレトロスペクティブ:スクラムチームは、スプリントレトロスペクティブ中に、全てのスプリント終了時のプロセスを検査します。 何がうまくいったか、何がうまくいかなかったかを調べることで、スクラムチームは前のスプリントのデータと洞察を収集して、改善のためのアクションプランを確立し、次のスプリントで計画を実行します。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.