Mr. Agile®に訊く:#NoEstimates の動きについてどう思いますか?

質問:

#NoEstimates の動きについてどう思いますか?

動画を観る:

Mr. Agileの回答:

#NoEstimatesであっても見積りはしています。 従来の見積りでは、スコープのサイズにばらつきがあり、それぞれについて見積りをします。 #NoEstimates の真意は、「すべての要件がまったく同じサイズに分解されていれば、見積もりをする必要はないよね」ということです。 それだから楽、ということではありません。 すべての要件をまったく同じサイズにするという作業があります。

あなたのチームが、それを効率的に行えるような強固なチームならば、そうすればいいと思います。 ただし、最も可能性が高いのは、チームが要件のばらつきを受け入れ、それぞれにサイズ幅を与えるほうが実際には簡単である場合です。

ですから、成熟したチームがあり、実験してみたい場合は、私はそれを100%支持します。 まだ始めたばかりなら、ある程度柔軟に対応できるような幅を持たせることです。 私たちがそれを推奨しています。

従来のプロジェクト管理からの移行、ベンダー契約の管理、見積りについてなど、Mr. Agile®がお答えします。

Mr. Agile® の質問と回答の全シリーズはこちら。 他に訊きたいことがありますか? 今すぐ質問してください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.