スクラム:プロダクトオーナーの役割

プロダクトオーナーは、スクラムの3つの役割のうちの1つです。 プロダクトオーナーは、 スクラムチームの成功に不可欠です。

スクラムのプロダクトオーナーは何をするのでしょうか?

スクラムにおいては、プロダクトオーナーは製品の成功の責任者です。 プロダクトオーナーの役割は、次のような方法で開発作業を主導することです。

  • チームにビジョンを伝える。
  • プロダクトバックログ内の要件の概要を作る。
  • ビジネス価値とリスクに基づいて要件に優先順位を付ける。
  • プロダクトバックログが可視化され、透明で、明確であることを確認する。
  • それらの要件に関するリアルタイムの明確化を継続して提供します。

プロダクトオーナーがこれらのことを効果的に行うと、ビジネスと開発が連携することができます。 また、気を散らす「雑音」から開発チームを保護することもでき、チームは適切なタイミングで適切なことに取り組むことができます。

プロダクトオーナーの課題

この役割が直面する困難の1つに、マイクロマネジメントを行わないということがあります。 スクラムマスターと同様に、プロダクトオーナーもサーバントリーダーとして、仲間としてチームに参加します。 プロダクトオーナーは、開発チームに対して権限を持っていませんが、通常、組織内で特定の政治的「重み」 を持つステークホルダーを代表します。

プロダクトオーナーは、明確さとビジネス価値の視点を提供するためにチームと多くの時間を費やすのが理想的であるため、サーバントリーダーシップは困難な作業になる可能性があります。 プロダクトオーナーは、毎日の行動計画を作成して実行するチームの能力を尊重し、信頼する必要があります。
プロダクトオーナーは、何が最も高いビジネス価値を持っているのかを決定します。

最終的に、プロダクトオーナーの責任は、どの要件が最もビジネス価値を生み出すかを検討することです。 プロダクトオーナーは、他の人が気に入らないかもしれない難しい決定を下す必要がありますが、チームが適切な製品を消費者に提供することを確認するのは彼らの責任です。

プロダクトオーナー認定

認定スクラムプロダクトオーナー(CSPO)講座では、この役割と責任に関する没入型の現実に即した指導を提供します。 弊社の講座では、実際にスクラムを実践することでスクラムを学んでいただきます。 CSPOコースについての詳細はこちら

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.