プロダクトオーナーとは? 主な責務の概要

このブログでは スクラムチームの様々な役割についてお伝えしてきました。 スクラムの重要な役割には、プロダクトオーナーというものもあります。 プロダクトオーナーは、従来のプロジェクトマネジメントの役割と同等なものがないので、最も誤解されているスクラムの役割である場合があります。 プロダクトオーナーは、顧客、 ビジネス上のステークホルダー開発チームの間の溝を埋める責任があります。 理想的なプロダクトオーナーは、以前にビジネス分析やプロダクトマネジメントの経験を持っている人ですが、、アジャイルスクラムプロジェクトで成功するためには、交渉の経験と優れた意思決定スキルを持っている必要があります。

プロダクトオーナーは決断力があり、責任だけでなく、 プロジェクトチームが 実行している作業の優先順位を決定する権限も持っている必要があります。 また、プロダクトオーナーは、提供する機能に関して、顧客の最善の利益を常に守り、戦略的方向性とROIの観点から組織全体を守る必要があります。 プロダクトオーナーの仕事:

  • プロダクトバックログ(フィーチャーのリスト)を整理して優先順位を付ける
  • 必要に応じてフィーチャーと優先順位を調整する
  • プロダクトバックログが、全てのチームメンバーとステークホルダーが確認できるようにする
  • 開発チームに対して説明を提供する必要があるので、毎日スプリントに参加する
  • スプリントを通して作業結果を承認または却下する
  • 開発チームと合意して、完成の定義を作成する
  • プロダクトオーナーは顧客の声になる
  • プロダクトの収益性(ROI)に責任がある

また、プロダクトオーナーは、組織によって実行されている同時並行プロジェクトについて、自分のスクラムチームと他のスクラムチームの競合する利益に対処する際にも実際的である必要があります。 プロダクトオーナーは、 プロダクトのリリース計画に参加し、関係構築と交渉のスキルを活用することで、プロジェクトが組織の戦略的イニシアチブにどのように適合するかをよりよく理解できます。

アジャイルプロジェクトにおけるプロダクトオーナーの役割の重要性を考慮すると、各スクラムチームにプロダクトオーナーが 1人だけ存在し、他の役割と兼務しないことが重要です。 これにより、プロダクトオーナーは、プロジェクトの成功をサポートするために、アジャイルプロジェクトの全てのステークホルダーとチームメンバーの利益を確実に満たすことができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.