多国籍企業がアジリティを維持する方法

このブログでは、米国内でのアジャイルソフトウェア開発について触れることが多いですが、アジャイルプロセスを採用している業界は、世界にたくさんあります。 多国籍企業は、さまざまな研究手法を通じて業界をつなぐエキスパートです。

多国籍企業(MNC)とは、自国以外の1つ以上の国で、生産またはサービス施設を所有または管理する組織のことです。

これらの企業は主にイノベーションを重視しており、企業がビジネスへの影響と顧客満足度を最大化するためのソリューションを考え出すのを支援しています。

これらの大企業は多額の資金を引き込むというプレッシャーを抱えていますが、アジリティを維持するための重要な方法があります。

まず、彼らは組織の構造に焦点を当てます。 効果的なグローバルコラボレーションのためのプラットフォームとともに、権限を与えられたローカルチームを編成ることは、組織の機能に大きく貢献します。
次に、企業は適切な人材を獲得する必要があります。 望ましいスキルセットを持つ新しい人材を採用することが重要ですが、最終的には既存の人材を再スキル化することも、プラスです。
(バランスの取れたチームを作ることは、必ずしもA級のプレーヤーを雇うことではありません。)

そして最後に、私たちプラチナムエッジは、そのプロセスを熟知しています。 アジャイル開発プロセスへの移行が目標です。

上記のすべてが、多国籍企業におけるコラボレーション環境の促進に貢献します。

会社にとって最善を尽くすための戦略を構築する方法は他にもあります。 アジャイル原則がどのような違いを生むかは、『Agile Project Management for Dummies』の著書であるマーク・レイトン(MBA2、CST、PMP、SCPM)の認定講座で学ぶことができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.