新人スクラムマスターのための3つの重要なヒント

スティーブ・オスターミラー(編)

新人スクラムマスターは、学ぶべきことや直面する課題がたくさんあるため、圧倒されてしまう可能性があります。 前職で慣れ親しんだプロジェクト管理の習慣に戻りそうになるのは自然なことです。 ただし、スクラムを使うときには、それが逆効果になります。 代わりに、コラボレーションとチームメンバー間の信頼の構築に焦点を当てることが重要です。 スクラムマスターとしての成功を確実にするために、私たちは新人スクラムマスターのために 3つのアドバイスをご用意しました。. ご紹介する原則が、新たな職務での成功に役立てるよう、ぜひ読み進めてください。

1 現状を問う

新人スクラムマスターとして、現状を問い、チームと組織のチェンジエージェントになることが重要です。 あなたの役割は、単に現行のプロセスとダイナミクスを維持するのではなく、チームの有効性を常に改善および強化し、より広範な組織がチームの作業を支えてくれるよう、能率的に利用するものです。 これには、仮定を謡、進歩を妨げている可能性のある従来の規範から脱却する意欲が必要です。 前向きな変更を実行し、問題や障害に対処する機会を積極的に模索することで、チームがより効率的かつ生産的に作業し、最終的に、より大きな成功を収めることができます。 チェンジエージェントとして、既成概念にとらわれずに考え、進歩とイノベーションを推進できるチームダイナミクスへの新しいアプローチを模索する必要があります。

2 意思決定者になるな

決定を下すことは、あなたの仕事ではありません。 あなたの仕事は、他者に決定権を与えることです。 チームには、創造的に考え、解決策を特定し、自分の行動に責任を持つ自由と自律性が与えられるべきです。 これは、自信を築き、メンバー間のコラボレーションを促すのに役立ちます。 スクラムマスターがチームのために意思決定を行っている場合、依存の雰囲気を作り出し、進歩を妨げる可能性があります。 代わりに、チームメンバーが意思決定を行い前進するのを妨ぐ可能性のある障害を特定して、それを取り除くのがスクラムマスターの責任です。 障害には、目的の明確性の欠如から、非生産的なプロセスやポリシー、コミュニケーションの機能不全まで、あらゆるものが含まれます。 スクラムマスターは、進行を妨げる可能性のある潜在的な問題を積極的に探し、サーバントリーダーとしてタイムリーに対処することが不可欠です。

3 チームに「どう思う?」と訊く

スクラムマスターとして能力を発揮するために、あなたが果たす重要な役割の1つに、ファシリテーターとしての役割があります。 あなたは、チームメンバー間だけでなく、より広範囲の組織間のコラボレーションとオープンなコミュニケーションを推進する触媒です。 これを成功させるには、常に「どう思う?」とチームに尋ねることが重要です。 議論を生み出し、意見を求めることで、誰もが自分の考えや懸念を快適に表現できる環境が生まれます。 オープンなコミュニケーションは、生産的なコラボレーションを推進する信頼と尊敬の雰囲気を構築します。

チームの考えを訊くことで、受け取ったフィードバックから学び、成長する機会も開かれます。 スクラムマスターとして成功するには、自分のリーダーシップスタイルとチームの進化するニーズの両方において、変化に適応する必要があります。

新人スクラムマスターは、これら3つのアドバイスを定期的に確認し、それらが遵守され、実装されていることを確認することが不可欠です。 また、経験豊富なスクラムマスターであっても、これらの原則は、あなたがどのようにやっているか、そして改善しているかを評価するための継続的な参照として役立つはずです。 そうすることで、チームのパフォーマンスを高め、コラボレーションを促進し、メンバー間の信頼を築くことができます。

まとめ

スクラムマスターという新たな役割を引き受けるとき、あなたの仕事はチェンジエージェント、ファシリテーター、サーバントリーダーであるということを忘れないでください。 現状に挑戦することを恐れず、チームのために決定を下すことなく、すべてのメンバーに、自分の考えや言いたいことを定期的に尋ねることで、スクラムマスターとしての役割を果たしましょう。 そうすることで、各スプリントの終わりに、誰もが誇りに思うことができる共通の目標に向かうための土台が構築されるのです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.