認定スクラムデベロッパー(CSD)とは?

スクラムにおいて、開発者は不可欠な存在です。 他のスクラムの役割、つまりプロダクトオーナーやスクラムマスターと同等ですが、独立した機能を果たします。 スクラム チームの一員である開発者は、通常、認定スクラムデベロッパー(CSD) の資格を取得します。 この資格はScrum Allianceを通じて取得できます。 Scrum Allianceによると、CSDは「正式なトレーニングと技術的なスキル評価を通じて、スクラムの原則を実際に理解し、専門的なアジャイルエンジニアリングスキルを学んだことを実証」したことを認定するものです。

CSDになるには

CSDになるためのには、ソフトウェア開発者としてのスキルセットと経験をすでに持ち合わせている必要があります。 次に、Scrum Allianceの登録教育プロバイダー(REP®)と、正式なインストラクターが主導するCSDの講座を受講する必要があります。 少なくとも5日間の正式なアジャイル トレーニングに参加する必要があります。

次の2つの方法があります。

方法1

  • 認定スクラムマスター(CSM)コース(2日間)
  • コーディングを含むCSDテクニカルコース(3日間)

方法2

  • スクラムCSD入門コース(1日)
  • コーディングを含むCSDテクニカルコース(3日間)
  • CSD技術選択科目(1日)

トレーニングを修了したら、トレーナーが提供するCSD試験に合格する必要があります。 この試験では、アジャイルエンジニアリングのプラクティスに関する理解度を評価します。 合格すると、REPインストラクターがあなたの情報をScrum Allianceにアップロードし、認定資格を検証します。

認定を受ける

弊社では認定スクラムデベロッパーの講座を提供しています。 これは、CSDを取得するために必要な知識を提供するインタラクティブなコースです。
お住まいの地域、または個別の組織のためのCSDクラスについては、お問い合わせください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.