2012年6月6日にサンタモニカで開催された四半期ごとのLAAPLN会議と本の署名の要約

によって書かれた: ケビンW.ライリー、PMP、CSM、CSPO

みなさん! 私は先週の水曜日の夜にカリフォルニア州サンタモニカで開催されたLAAPLN(ロサンゼルスアジャイルプロジェクトリーダーシップネットワーク– www.laapln.org)の四半期会議に出席しました。 PMP、CSTのMark Laytonが、新しくリリースされた著書「Agile Project Management for Dummies」のコピーに個人的に署名するために出席したため、特別なイベントでした。 それは世界的に有名なワイリーとサンズの「ダミーのために」シリーズの一部ですが、確かにそのタイトルをはるかに超えています。 これはアジャイルとスクラムの包括的なレビューであり、組織内のプロジェクトにアジャイルとスクラムの両方を適切に実装するために必要な唯一の「必須」の本です。

この本は、マーク・レイトン、アンナ・ケネディ、ラシェル・マウラー、キャロライン・パッチンなどが昨年費やした何時間もの努力の集大成であったため、この夜は「特別な」特別でした。 私にとってのハイライトは、前述の寄稿者のほとんど全員に署名してもらうことでした(申し訳ありませんが、キャロライン、あなたがいなくて寂しかったので、将来の本の署名イベントで署名を取得する必要があります)。 会議中、マークはアジャイルとスクラムについて質問するように私たちに挑戦し、私たちが彼を切り株にすることができれば賞品(彼の本)で私たちを誘惑さえしました。 残念ながら、出席者は誰も勝つことができませんでしたが、マークの「それを前払いする」という自然な傾向の一部として、賞品(彼の本)はそれにもかかわらず心からの感謝で配布されました。

出席者の多くは実践的なアジリストでしたが、現在PMIで受け入れられている「アジャイル」精神で、あらゆる可能な実装形態における「プロジェクト管理」の真の価値を理解している多くの「伝統主義者」も出席しました。 LAAPLN、プラチナエッジ、およびPMI-LA支部の参加者に感謝します。デビー・コヴィー(戦略担当副社長/次期社長)、デニス・チャン(プログラム担当副社長)、ジェリー・ワン(マーケティング担当副社長)。 夜は面白くて有益であり、間違いなく将来再び参加する価値のある口径でした。 ロサンゼルスアジャイルプロジェクトリーダーシップネットワーク(LAAPLN)は、ロサンゼルスのプロジェクトリーダーを集めて実際の経験を共有し、専門的なネットワーキングフォーラムを提供することにより、アジャイルソフトウェア開発を促進およびサポートしています。 ですから、あなたが「伝統主義者」であろうと「アジリスト」であろうと、将来の四半期ごとのLAAPLN会議でいつでも歓迎されますのでご安心ください。

Kevin W. Reillyは、PMP、CSM、CSPO認定、LAAPLNメンバー、プラチナエッジアジャイルコーチ、PMI-OCの2012スピーカーコーディネーターです。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.