アジャイルチームのためのスプリントプランニング入門

アジャイルプロジェクトを成功させる準備を整えましょう

あなたの部門は多忙であり、時間を作るのは大変ですが、そのような時こそ基本に立ち返り、 アジャイルプロジェクトを成功させる準備を整えるのは良いことです。 アジャイル手法を初めて取り入れる場合でも、スクラムチームに精通している場合でも、効果的なスプリント計画の有無が、スムーズで着実な目的主導の開発と、すぐに範囲外に逸脱するプロジェクトの違いです。

この記事を読んで、来るべきスプリント計画するときは、 スプリント計画チェックリストを確認することをお勧めします。

スプリント計画ミーティング

チームの最初のスプリントであろうと 100回目のスプリントであろうと、スプリント計画は新たな始まりです。 明確に定義された プロダクトビジョン そして スクラムチームが、そのビジョンをどう達成するかが概説された 最新のプロダクトバックログを伴うスプリント計画は、最も優先度の高い機能セットを中心にチームを動員して、完全なる開発をし、 スプリントの最後に 利害関係者へのデモンストレーションする機会です。 プロダクトオーナー、開発チーム、スクラムマスターは、次のことに時間をかけます。

  • リリース目標とプロダクトビジョンに沿った明確なスプリント目標を確立し、コミットする
  • 必要に応じて、基本ルール(作業業合意などと完了の定義(スプリントの最後に新機能が「潜在的に出荷可能」であることの意味)を調整する
  • スプリントの目標を達成するために必要なプロダクトバックログ項目を特定する (これには、足りない場合に新しいバックログ項目の作成する作業が含まれます)
  • スプリントの開発チームの許容量を確認して、スプリントがスコープで過負荷にならないようにし、スクラムチームが持続可能なペースで作業を継続できるようにする
  • 選択したプロダクトバックログ項目を、完了の定義を満たす実用的な出荷可能な機能の開発に必要なタスクと、各プロダクトバックログ項目の受け入れ基準に分解して、スプリント バックログを作成する
  • スプリント バックログを視覚化し、スプリント バーンダウン チャートなどの他の進行状況インジケーターを含めて、スクラム チームだけでなくステークホルダーの指標も視覚化する

スプリント計画まで、スクラムチームはプロダクトバックログを 徐々に精緻化してきました。 開発者とプロダクトオーナーがスプリントで検討されているプロダクトバックログ項目について話し合うのはこれが初めてではありません。 プロダクトスコープはずっと柔軟でしたが、スプリント計画では、スクラムチームはスコープの一部をロックダウンして、開発チームが具体的なものを実装できるようにする必要があります。 このような文脈的背景を熟知した上で、各プロダクトバックログ項目の受け入れ基準を明確に理解し、効果的に実行するために、さらに議論を重ねます。 それは、スプリントごとに価値のある製品を増やす現実的な目標を設定することです。 つまり、開発チームは時間をかけて、提供されるタスクを詳細に説明し、それらの各タスクの成功がどのように見えるかを確立します。

スプリントの目標を設定する

あなたのチームは一丸となっていて、基本的な詳細は網羅しましたので、目標を設定する準備ができました。 リリース目標やプロダクトビジョンと一致する包括的な目的やゴールを考慮することなく、「良さそうに見える」プロダクトバックログ項目を選択するという、本末転倒な行為をしたくなるかもしれません。 プロダクトバックログにザッと目を通し、とりあえずやってみて、何が許容量に合っているかを確認するというやり方でスプリント計画を始めないでください。 口うるさいステークホルダーもいるでしょう。 競合する優先順位もあります。 プロダクトオーナーの、難しいけれども重要な仕事は、すべてのステークホルダーのフィードバックを考慮し、実現可能性について開発チームと協力し、スプリントの目標について目的主導の決定を下すことです。 この方向性が確立された後にのみ、その目標を達成するための機能要件を選択します。

これは、プロジェクトの各スプリントの価値を実証することで、プロダクトビジョンを段階的に達成するための重要なステップです。 何ができるか、チームにとってな成功がどのようなものか、という価値を定義しないと、物事が実際に行われることは決してないという、圧倒されるような感覚でチームの勢いを失うリスクがあります。

各スプリントの戦略的方向性を確立するためのツールを持っていますか? ここでの最初のステップは、スクラムチームとして、立ち止まって全体的な状況を確認することです。 これは、プロダクトビジョンステートメント、プロダクトロードマップ、リリース計画、またはユーザーストーリーマップの形式かもしれません。 まったく違うものかもしれません。状況がどのようにであっても、チームと話し合って次のことを行います。

  • 自分たちが、プロセスのなかのどこにいるかについての共通理解を深める
  • そのプロセスのなかで次に進むべきステップを決める
  • そのステップに必要なリフトについて共通理解を深める

スプリント目標をサポートするための優先度設定

スクラム チームとして、あなたはスプリントの目標を達成することにコミットしています。 スクラムチームがそのスプリント目標を達成する方法は、スプリント全体を通して流動的です。 実際には、すべてのスプリント バックログ項目が常にスプリントで完了するわけではありません。 それが普通です。 これが、スプリントの目標をサポートするプロダクトバックログ項目を特定し、スプリント内で優先順位を付けることが非常に重要である理由です。 優先順位は、ビジネス価値、複雑さ(残りの期間が長い場合は、後からではなく早めに手を付けることが重要)、作業のレベル、またはその他の要因によって決定される場合があります。 各機能は、次の機能を開始する前に構築され完成されているため、すべての機能がスプリント内で完了しなくても問題ありません。 骨格的には、スクラム チームは、優先度の高いスプリント バックログ項目の 70% から 80% でスプリントの目標を達成できる必要があります。 スプリントに優先度の低い項目があると、便利ですが、ステークホルダーに価値ある出荷可能な製品の増加を示すための成功を収めるためには必要ではありません。

もしスプリントの目標が、価値を示すために完了すべきスコープをそれほど多く必要とするのであれば、スプリントの目標が広すぎるか、漠然としているか、あるいは大きすぎる可能性があり、スプリントの目標を細分化する必要があります 1か月以内に少しでも納品できないならば、たくさん納品することはできません。

スクラムチームがスプリントでどれだけ達成できるかを知る方法 スプリント1の段階では、推測する必要があります。 ただし、スプリント 1の後は、推測する必要がなくなります。 開発者はスプリントごとに同じ種類の作業を行い、一度に1つの機能を完了状態まで開発するため、1つのスプリントで達成できる作業量は、将来のスプリントで達成できることの重要な指標となります。 ベロシティは、単にスクラムチームのアウトプットのスプリント後の測定であり、次のスプリントを予測するために経験的に使用することができます。 スクラムチームが背伸びをすることは問題ありませんが、過去のパフォーマンスを念頭に置いてください:これは、チームが中断するまでに追いやられることなく、より 持続的に 目標を達成するための成長し続けるプロセスです。

スプリントのバックログの構築

スプリントの目標をサポートするために明確なスプリント目標とプロダクトバックログ項目を選択したら、スプリントの目標を実現するためのタスクを作成して確認します。 開発チームがこれを行うときは、スクラムマスターが次のような質問をするのを手伝ってくれていることを確認してください。

  • 既知の競合はありますか?
  • 不明瞭な領域はありますか? (もしあるなら、どのように修正しますか?)
  • 各タスクの成功を定義しましたか?
  • 各タスクの戦術的アプローチは何ですか? (影響を受けるすべての当事者はそれを理解していますか?)
  • これらのタスクに関連するすべての依存関係は分解されましたか?
  • タスクは1日以内に達成されるように分解されていますか?
  • そのタスクを構築してもなお、スプリントの目標は達成可能ですか?

このチェックリストは、スプリント計画時にこれらの要因やその他の要因を考慮するのに役立ちます。 スプリント計画中に作成したスプリントバックログは、スプリント全体を進める際のガイドになります。今、時間をかけて、各要因が考慮されていることを確認してください。

スプリントの検証とコミットメント

スクラムチームにはデータと計画があります。 スプリント計画を最終決定する前に、ほとんどのスクラムチームは計画された作業を確認し、許容量と比較します。 ベロシティは、予測容量への1つのインプットです。 休暇やその他のスケジュールの問題も影響します。 プロダクトバックログ項目は、(時間の尺度ではなく)長距離相対 見積もり手法 を使用して見積もることができますが、タスクは1日以内に達成可能である必要があるため、通常は時間単位で見積もられます。

計画しすぎているかどうかを知る方法 スプリントで利用可能なすべての時間を計画しないでください。 スクラムチームの成熟度にもよりますが、約10%の余裕を残すのが賢明です。 スクラムチームがスクラムやお互いに不慣れな場合は、10% の余裕がない可能性があります。

次に、すべての関係者が成功とはどのようなものかを理解し、その許容量がスプリントに対して適切に計画されていることを確認しましょう。 この時点で、プロセス全体を通して、チーム全体が効率的(つまり、速く働く)だけでなく、効果的(適切なことに取り組む)になるように設定されていることを確認する必要があります。 全員が目標とタスクにおいて足並みがそろっていることを確認してください。

スプリント計画で最後に行うことは、各開発チーム メンバーに、作業する最初のタスクを選択させることです。 (スプリント全体を通して取り組むすべてのタスクを選択させるのではなく、最初のタスクのみを選択させてください。最初のタスクを完了すると、次に優先度の高いタスクに着手します。)

準備ができました。さあ行きましょう!

おめでとうございます、あなたのスプリント計画は完了し、あなたのチームは仕事に集中するために動き出しました。 スプリントを進める際に留意すべき点がいくつかあります。

  • スクラムチームの完了の定義を作業場で常に目に入るようにします。
  • スプリントバックログは、スクラムチームの進捗レポートのメカニズムです。 これ以外で状況報告会は必要ないはずです。
  • デイリースクラムはステータス報告会ではありません。これは調整会議であり、スプリントの目標の達成に近づくために、その日に行う作業を同期させるためのミニチュア計画会議です。

上記のガイドラインに従って、製品開発に対するチームのアジャイルアプローチを改善しましょう。 最初にすべてうまくいかなくても、心配ありません。 各スプリントは、途中で検査して適応するにつれて改善されていきます。 専門的なプロジェクト管理スキルを、さらにレベルアップする準備ができていますか? すぐに受けられる講座があります。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.