アジャイル宣言:動くプロダクト

動くソフトウェア(および、多くの組織にとっては、実用的な「プロダクト」)の早期提供は、アジャイルアプローチを使用する最大の利点の1つです。 プロジェクトの早い段階で動くプロダクトを提供することで、ROIを高めることができます。 動くプロダクトによって、開発チームは、プロジェクトに長い時間を費やす前に、難しい概念が機能するかどうかを証明することができます。 収益をもたらす動くプロダクトは、プロジェクトの残りの部分に資金を提供することもできます。

アジャイルプロジェクトでは、開発チームは動くプロダクトに焦点を当てます。 もちろん、文書は存在しますが、プロダクトの作成と発売後のプロダウトサポートにおける開発チームの作業をサポートするためだけに存在します。

アジャイルプロジェクトチームは 、保守に要する時間を短縮し、潜在的な問題の可視性を向上させる合理化された文書をいくつか作成します。 ほとんどの場合、従来のプロジェクトマネジメントの文書をスクラム作成物(プロダクトバックログスプリントバックログ)に置き換えることができます。 技術/プロダクトに固有の文書が、必要なもの以外含まないようにできます。 アジャイルアプローチにより、プロジェクトチームは開発により多くの時間を費やし、文書に費やす時間を減らすことができるため、動くプロダクトをより効率的に提供できます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.