プラチナエッジアジャイルの価値ロードマップ

価値へのロードマップは、アジャイルプロジェクトの概要です。 価値へのロードマップの段階は、図の後のリストで説明されています。

  • ステージ 1 では、製品所有者製品ビジョンを特定します。 製品ビジョンは、製品が何であるか、それが会社または組織の戦略をどのようにサポートするか、および誰が製品を使用するかの定義です。 より長いプロジェクトでは、少なくとも年に一度は製品ビジョンを再検討してください。

 

  • ステージ 2 では、製品所有者が製品ロードマップを作成します。 製品ロードマップは、製品要件の概要であり、それらの要件を開発する時期については大まかな時間枠があります。 製品要件を特定し、それらの要件に対する作業に優先順位を付けて大まかに 見積も ることは、製品ロードマップを作成する上で大きな部分を占めます。 長期のプロジェクトでは、少なくとも年に2回、製品ロードマップを改訂します。

 

  • ステージ 3 では、製品所有者が リリース計画を作成します。 リリース計画は、動作するソフトウェアのリリースの高レベルのスケジュールを特定します。 アジャイルプロジェクトには多くのリリースがあり、最も優先度の高い機能が最初にリリースされます。 一般的なリリースには、3 から 5 のスプリントが含まれます。 各リリースの開始時にリリース計画を作成します。

 

  • ステージ 4 では、プロダクト所有者、スクラム マスター開発チームがスプリント (イテレーションとも呼ばれます) を計画し、それらのスプリント内で製品の作成を開始します。スプリント計画セッションは各スプリントの開始時に行われ、スクラムチームは次のイテレーションでどのような要件になるかを決定します。

 

  • ステージ 5 では、各スプリント中に、開発チームは毎日スクラム ミーティングを行います。 毎日の会議では、15分以内で、昨日完了したこと、今日取り組むこと、および障害について話し合います。

 

 

  • ステージ7では、チームはスプリントの振り返りを開催します。 スプリントの振り返りは、チームがスプリントの進行状況について話し合い、次のスプリントでの改善を計画する会議です。 スプリントレビューと同様に、すべてのスプリントの最後にスプリントの振り返りがあります。
0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.