Mr. Agile® Results に聞く

回答を準備しています…これには最長で20秒かかります。

認定スクラムコース

インタラクティブなスクラム認定講座で、業界随一のアジャイル・トレーニングを受けましょう。 スクラムを実践しながら学ぶことで、実社会の課題に対し、得た知識を応用することができます。 当社の講座は高い評価を得ている一流のスクラム・トレーナーが指導を担当し、スクラムを使って組織や人生を改善するための準備をします。

近日開講予定の講座

course-img

Certified ScrumMaster (CSM)

Date Mar 04 - Mar 07, 2024
Map Live Online

Certified ScrumMaster (CSM®) と
Steve Ostermiller

今すぐ登録
course-img

Certified ScrumMaster (CSM)

Date Mar 25 - Mar 28, 2024
Map Live Online

Certified ScrumMaster (CSM®) と
Steve Ostermiller

今すぐ登録
course-img

Certified ScrumMaster (CSM)

Date Apr 10 - Apr 11, 2024
Map Orlando, FL

Certified ScrumMaster (CSM®) と
Mark Layton

一杯順番待ちリストに登録する
[dica_divi_carousel show_items_tablet=”2″ advanced_effect=”1″ module_class=”testimonials” _builder_version=”4.16″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”][dica_divi_carouselitem title=”Eric L.” sub_title=”IT部門/プロジェクトマネージャー” button_url_new_window=”1″ _builder_version=”4.16″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”]

私は20年以上、米国国務省に勤務しており、50以上の研修に行きましたが、プラチナムエッジの研修がもっとも印象的でした。

[/dica_divi_carouselitem][dica_divi_carouselitem title=”Jacklyn R.” sub_title=”BSFI/チームリーダー” button_url_new_window=”1″ _builder_version=”4.16″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”]マークの講演はすばらしかったです。 彼は参加者の注意をそらさずに、その知識を分かりやすく伝授して、質問に効果的に答えてくれました。(ジャックリン・R)[/dica_divi_carouselitem][dica_divi_carouselitem title=”Jeff K.” sub_title=”IT 部門/チームリーダー” button_url_new_window=”1″ _builder_version=”4.16″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”]スティーブは、彼自身の経験から得た実際の例を通じて、さまざまな概念について詳しく説明してくれただけでなく、そして、講座終了後も、研修生それぞれの抱える特定の状況について話し合うための時間を取ってくれました。(ジェフ・K)[/dica_divi_carouselitem][dica_divi_carouselitem title=”Eric L.” sub_title=”IT 部門/チームリーダー” button_url_new_window=”1″ _builder_version=”4.16″ _module_preset=”default” global_colors_info=”{}”]ソフトウェア開発、職場環境、個人のスキル構築のための優れたコンテンツと構成だ。(エリック・L)[/dica_divi_carouselitem][/dica_divi_carousel]

最近のブログ記事

従来のPMOからアジャイルなセンターオブエクセレンスへの移行 |プラチナエッジ

従来のPMOからアジャイルなセンターオブエクセレンスへの移行 |プラチナエッジ

ジェイソン・ガードナー(編) 変化し続けるビジネス環境に対応しようと努力する組織は、業務の効率性、スピード、柔軟性を高めるためにアジャイル手法に目を向けています。 アジャイル手法を効果的に導入するために、企業はプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)のリードに頼っています。 しかし、多くのPMOは依然としてコンプライアンス重視の考え方にとらわれており、アジャイルチームとPMOの間に断絶が生じています。 ここで、コンプライアンスからアジャイルセンターオブエクセレンス(ACE)としてのイネーブルメントへの移行が重要になります。...

続きを読む
移行スプリントとイテレーションのためのアジャイルアプローチ

移行スプリントとイテレーションのためのアジャイルアプローチ

ジェイソン・ガードナー(編) 移行プロジェクトは複雑で、チーム全員の多大なコミットメントが必要です。 しかし、結局のところ、これらの大規模なオーバーホールは、プロセスよりも結果が重要です。 とはいえ、スプリントレビューに関しては、表示可能な進捗状況の従来のやり方では、状況が少し複雑になる可能性があります。 しかし、心配しないでください ー そういった課題を乗り越えながら、生産的で有益なスプリントレビューを行う方法があります。 ユーザー ストーリーを使う...

続きを読む
ステークホルダーからの矛盾する要求を管理する方法

ステークホルダーからの矛盾する要求を管理する方法

ジェイソン・ガードナー(編) プロジェクト管理の最も困難な側面の1つに、ステークホルダーの期待を管理することがあります。 これらのステークホルダーは、顧客、投資家、またはプロジェクトに既得権益を持つ個人またはグループだったりするでしょう。 これは、ステークホルダーの言い分がプロダクトオーナーのそれと矛盾する場合、さらに問題が複雑になることもあります。 そしてそういうことが、混乱、遅延、さらにはプロジェクトの失敗につながる可能性があります。 では、このような場合どうすればよいのでしょうか?...

続きを読む
0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.