優れたデイリースクラムミーティングのための 10 のヒント

毎日のスクラムミーティングは、開発チームのメンバーが一日を整理するのに役立つ簡単なミーティングです。 デイリー スクラムでは、チーム メンバーは次の 3 つのトピックに対処します。

  • 前回会ってから達成されたことは、今日私たちがしなければならないことにとって重要です…
  • 今日は何が行われますか…
  • 私たちの邪魔になるかもしれないもの…

これは、プロジェクトを動かし続ける強力なツールです。 同時に、会議が それらの会議の1つ 、つまり価値を付加しない会議に変わることも簡単です。

これを防ぎ、毎日のスクラムを最適化するために、ここに10の提案があります。

毎日のスクラム会議のための 10 のヒント

  1. 物理的に立ちます: この会議を毎日のスタンドアップと呼ぶのには理由があります。 スタンディングは、毎日のスクラムなど、短くてエネルギッシュなセッションに集中するのに役立つようです。 これを2番目のヒントと組み合わせることで、エンゲージメントを向上させるための新しい習慣を身に付けることができます。
  2. タスクボードの周りに集まる: 人々が話しているストーリーを指摘させることは、単に口頭で言及するよりも常に強力です。
  3. 追加の質問をする:3つのトピックに加えて、「今日それを成し遂げる自信はありますか?」も尋ねます。人々はしばしば、実際には障害がないと言って3番目のステートメントを完成させます。 したがって、ストーリーを完了する自信が50%しかないことを認めることで、追加の洞察が明らかになります。 チームメンバーがしばらくの間支障をきたさないにもかかわらず、仕事が思うように速く進まない場合に使用します。
  4. 15 分の時間枠を守る: 会議に 15 分以上かかると、人々は退屈します。 彼らは価値がないとして会議を却下し始めるかもしれません。 これは通常、何かが間違っていることを示しています。 チームが大きすぎる可能性があります。 または、チームメンバーは、単にフラグを立てるのではなく、会議を使用して問題を解決します。
  5. 会議を時間どおりに開始および終了する: 毎日のスタンドアップは、誰かがそこにいないために遅れて開始されることがよくあります。 時間通りに開始します。 誰かがそこにいない( スクラムマスターを含む)ので遅らせないでください。 3分の2の人がまだそこにいなくても、時間通りに始めることほど「この会議は重要だ」と言うものはありません。
  6. 気を散らすものを取り除く: 全員が会議に集中できるようにします。 電話をいじったり、メールに返信したりしないでください。 間違いなくコーディングをやめてください。 それだけの価値があります! 集中力を維持することで、会議を短くし、順調に進めることができます。 また、仲間のチームメンバーへの敬意も示しています。
  7. 16分に延期する:問題を解決するためにスタンドアップを使用しないようにします。 むしろ、問題解決を16分(毎日のスクラムの後)に延期します。 課題解決は実行作業です。 これは、電話またはビデオ会議で会議を行う分散 スクラムチームではさらに重要です。 この可能性は、リモートワーク環境でより普及しています。
  8. チームのエンゲージメントを維持する: 人々は、特に反復的なことに対して、簡単に退屈します。 不確実性を導入することで、毎日のスクラム会議を少し盛り上げます。 たとえば、誰の番が話すかを示すトークンを渡します。 これにより、彼らはつま先で維持され、エンゲージメントが向上します。
  9. ステータスの更新になったら出席を停止する: スタンドアップミーティングが そのようなミーティングのいずれか になった場合は、出席を停止します。 時には、自分の足で投票することが、変化を促進し、何かが間違っていることを人々に認識させるための最良の方法です。 そして率直に言って、とにかくあなたの時間はおそらく開発に集中するのに費やされたほうがよいでしょう。
  10. ありがとうと言う: 同僚があなたを助けたり、何か良いことをしたりするときはいつでも、それを認めてください。 単純な「ありがとう!」以上に、信頼関係と良好な仕事上の関係を構築するものはありません。

デイリースクラムを一日の一部(または一日、スプリント、プロジェクトの一部)より効果的にするためのサポートが必要ですか? 私たちがお手伝いします。方法については、 お問い合わせください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.