アジャイルアクティビティ: スプリント計画

最初のスプリントアクティビティはスプリント計画です。 スプリント計画ミーティングでは、開発チームは、スプリント中に完了できると確信している製品バックログ項目を計画して合意し、チームの完了の定義に従って、配信の詳細なタスクを特定します。 スプリント計画会議は、 価値へのアジャイルロードマップの第4段階です。

スプリント計画会議の最初の部分では、プロダクトオーナーと開発チームがスクラムマスターのサポートを受けて目標を設定し、スプリント用に開発するユーザーストーリーを選択します。 これは以下のステップで構成されています。

  • スプリントの目標について話し合い、設定する。
  • スプリントの目標をサポートする製品バックログから最も優先度の高いユーザー ストーリーを確認し、それらの相対的な見積もりを再検討します。
  • チームが現在のスプリントでコミットできる内容を決定する。

スプリント計画アクティビティの 2 番目の部分では、スクラム チームは、スプリント バックログの各ユーザー ストーリーを完了するために必要なタスクを作成します。 これは以下のステップで構成されています。

  • 各ユーザー ストーリーに関連付けられたスプリント バックログ タスクを作成する。 チームは、完了の定義の各部分(開発、統合、テスト、文書化)を含むタスクがあることを確認します。
  • チームがスプリントで利用可能な時間内にタスクを完了できることを再確認します。
  • 各開発チームのメンバーは、達成する最初のタスクを選択する必要があります。

スプリント計画が完了したら、開発チームは製品を作成するためのタスクにすぐに取り掛かることができます。

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.