スクラムマスターが潜在能力を最大限に発揮できるようサポートする

スクラムマスターがチームのコーチであるならば、そのスクラムマスターのコーチは誰でしょうか?

2011年に作られた、スクラムマスターの重要性を強調する楽しい動画があります。 この中で、ジェフ・サザーランドは、決然たる態度でカメラに指を向けながら、「イアンは工程を実行し、チームを守るためだけにここにいるのではありません。彼はまた、チームを助け、彼らを指導するためにここにいます。彼はチームが“毎日”、その日を最高の日にする手助けをしているのです。」

それは本当なのです。 スクラムマスターは、製品開発の成功に不可欠な存在です。

スクラムマスターの役割

スクラムマスターは、「儀式のスクラムマスター」またはスクラムフレームワークのマスターという肩書きに由来し、スクラムチームのピアサーバントリーダーです。 その主な役割は、チームの成功のための環境を作ることです。 アジャイルとスクラムの専門家として、スクラムの理論、習慣、ルール、価値観を、誰もが理解できる手助けをします。 スクラムマスターは、チームがより高いパフォーマンスを発揮できるよう導き、組織を指導して、チーム間の相互作用のうち、何が役に立ち、何が役に立たないかを認識します。 スクラムマスターは、スクラムチームの価値を最大化するために、全員がこれらの相互作用を変えるサポートをします。

スクラムマスターは組織と協力して、チームが目標を達成するのを妨げる障害を取り除きます。 一貫して根本原因に対処しながら、戦術的にも戦略的にも障害を取り除いていきます。 開発チームを外部の干渉から保護します。 チームのベロシティ向上を導く日々の推進力になります。

スクラムマスターは、求められた時や必要に応じて、チームの相互作用を助け、チームが迅速に合意形成できるようにします。 航空エンジニアのように、継続的に摩擦点を評価して取り除き、チームが潜在能力を最大限に発揮できるようにします。 スクラムマスターは、健全な組織とチームの構築を助けます。

スクラムマスターが、チームの可能性を最大限に引き出すためのサポートに重点を置くならば、スクラムマスターが自身の可能性を最大限に発揮できるようサポートするのは誰でしょうか? この記事では、卓越性を追求するスクラムマスターが利用できるいくつかのリソースとリレーションシップについて説明します。

アジャイルコーチまたはスクラムメンター

スクラムマスターが利用できる最初のリレーションシップは、 アジャイルコーチ (スクラムメンターとも呼ばれます)です。 内部と外部(またはプロフェッショナル)のアジャイルコーチは、通常、スクラムマスターとしての経験が豊富なので、スクラムマスターの助けになります。

アジャイルコーチは、まず自身の洞察と経験を共有し、アジャイルプラクティスをモデル化することで、メンターを務めます。 スクラムマスターがその役割になじんでくると、コーチは「後部座席」からのコーチングに移行し、スクラムマスターが自分の道を見つけられるようにします。 コーチは、すぐ近くにあるセーフティネットです。 アジャイルコーチは、スクラムマスターがその能力と経験を拡大するのに役立つ、厳しくも啓発的な質問を投げかけます。 また、書籍、記事、動画など、高度な教育コースを提案することもできます。

外部のコーチやスクラムメンターに相談することの利点は、彼らが独立していて、偏見のない状態を維持できることです。 これは、スクラムマスターがより総体的で感情的に切り離された視点を保つのに役立ちます。

スクラムマスター向けのトレーニング

向上心のあるスクラムマスターは、トレーニングによって自己の能力向上を追求します。 クラスは入門から上級までさまざまです。 スクラムマスターに不可欠なコースは、認定スクラムマスター(CSM)アドバンストスクラムマスター(A-CSM)です。

認定スクラムプロフェッショナル:スクラムマスター(CSP-SM)および認定チームコーチ(CTC) の上級レベルの認定資格もあります。 受講して認定資格を取得すると、スクラムマスターはスクラムの能力を習熟するための基礎と実践を習得していきます。 これらのコースは、スクラムマスターにとって不可欠な長年の教育とコーチングの経験がある、認定スクラムトレーナー(CST)が担当しています。

組織のリーダーシップ

第3に、アジャイルな組織のリーダーたちとの関係性が、スクラムマスターの助けになる可能性があります。 長年のサーバントリーダーシップの専門知識により、アジャイルリーダーはスクラムマスターを育成するための洞察に満ちたガイダンスを効果的に提供できます。 チームメンバーの能力の構築から障害の解決まで、アジャイルリーダーの経験は非常に貴重です。 スクラムマスターは、そのリーダーの指示の下で障害を取り除きながら、リーダーの専門知識や関係性の恩恵を受けます。

障害が発生すると、注意深いリーダーは、すぐにスクラムマスターに相談し、自らのから考えられる解決策について考えます。 リーダーは、スプリントレビューの出席を優先します。 「私はどんなサポートをしましょうか?」と尋ねるリーダーは、組織全体に浸透し、スクラムマスターの意図を補強する、優れた模範になります。

アジャイルリーダーは、経験が最高の師になり、スクラムマスターの能力が経験の上に構築されることを理解しています。 スクラムマスターは、障害から守り、障害を取り除く術を自分で学び、その過程で能力を伸ばしていきます。

スクラムマスターの実践コミュニティ

次に、スクラムマスター 実践コミュニティまたはギルドがあります。 実践コミュニティは、懸念や熱意を共有し、定期的にやり取りすることで向上していく方法を学ぶ人々のグループです。 実践コミュニティは、内部でも外部でも良いです。

社内の実践コミュニティは、スクラムマスターと一丸となっていきたい人たちが、お互いから学び、結果をもたらすテクニックとアプローチをサポートします。 スクラムマスターが仕事に取り組む際の連携を改善し、組織全体に一貫性をもたらし、必要に応じて個々のチームの自律性を実現するのに役立ちます。

一部の実践コミュニティは、ブッククラブを設置し、共に書籍から学ぶ機会をもうけたりもします。 あるいは、すべてのコミュニティメンバーが能力を向上させるのを促すために、絶えず変化するバックログのトピックを見直したりするコミュニティもあります。 Lean Coffee などのアジャイル手法を使って、参加者は、自分のチームに役立つと思うことを共有します。

外部の実践コミュニティは、さまざまな組織や業界の、他のアジリティ実践者と協力するのに役立ちます。 自分の組織や状況に応用できる機会を他の人に示すことで、豊富な知識を得ることができます。 組織外の人々とのネットワーキングは、新鮮で、価値があり、そして、やはり偏りのない視点を自分の思考にもたらすことができます。

実践コミュニティは、スクラムマスターが集まって議論し、学ぶことを可能にします。 こういったリレーションシップは、必要なときに必要なサポートを受けるのに役立ちます。

自己改善

最後になりますが、スクラムマスターが潜在能力を最大限に発揮するための最も価値のある方法の1つとして、「独学」があります。 スクラムマスターは、常にチームの 2歩先を行くように努める必要があります。 自動化やチーム内対立の解決、チームの心理学、心理的安全性のある環境の確保、目標の設定と達成、カスタマーサービスなどについて学びます。 利用できる書籍、ポッドキャスト、動画、アジャイルカンファレンス、ウェブサイトが無数にあり、スクラムマスターが自身の潜在能力を最大限に発揮するサポートをしてくれます。

スクラムマスターは最大限に潜在能力を発揮できる

スクラムマスターの役割は、健全な組織とチームを構築および維持するために不可欠です。 要約すると、スクラムマスターが、その潜在能力を最大限に発揮するよう助けてくれるリソースには、 トレーニングコーチングとメンタリング、組織のリーダーシップ、実践コミュニティ、および独学があります。

スクラムマスターに強くお勧めする2冊の書籍は、『Scrum for Dummies』と『Agile Project Management for Dummies』です。 私はこれらの書籍を常に近くに置いて、毎日参照しています。 どちらも、スクラムマスターが潜在能力を最大限に発揮できるようにするための優れた資料なので、結果的にチームや組織が、その潜在能力を最大限に発揮できるようになります。

アドバイス、コーチング、トレーニングが必要ですか? プラチナムエッジがお届けします。今すぐスクラムマスター向けの サービスをご確認ください

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.