カテゴリーなし

分散チームにとってのスクラムの利点と、アジャイルプロジェクトの管理方法

分散チームにとってのスクラムの利点と、アジャイルプロジェクトの管理方法

ジェイソン・ガードナー(編) ソフトウェア開発に関しては、スクラムというアジャイル手法は、プロジェクトマネジメントとチームのコラボレーションにとって非常に効果的なアプローチであることが証明されています。 ただし、チームメンバーが様々な場所や異なるタイムゾーンに分散しているチームがある場合、そのプロジェクトマネジャーやチームは、スクラムの実装を躊躇する場合があります。 実のところ、チームが分散している場合でも、スクラムは有効です。 スクラムを活用することで、成功の可能性が高まる場合があります。...

プロジェクト管理の障害を克服する効果的な方法

プロジェクト管理の障害を克服する効果的な方法

プロジェクトチームのメンバーは、タスクを効率的にスケジュールどおりに完了させるうえで重要な役割を果たします。 他の誰かがチームの進行を遅らせているとイライラすることがありますが、自分が無意識に障害を引き起こしている場合はどうでしょうか? この記事では、他人の障害になってしまう兆候を認識する方法について説明し、それを回避するためのヒントを提供します。 自分の役割と責任を明確にする 自分が障害にならないための最初のステップは、プロジェクトにおける自分の役割を明確に理解することです。...

スクラム・オブ・スクラムの包括的なガイド:運用と成果

スクラム・オブ・スクラムの包括的なガイド:運用と成果

アジャイルプロジェクトマネジメントにおいて、「スクラム・オブ・スクラム」は、大規模なプロジェクトや複数のチームにわたってアジャイルプロセスをスケーリングするためには極めて重要な戦略として際立っています。 このツールは、コラボレーションと調整を促進し、さまざまなスクラムチームが共通の目標に向かって連携して作業できるようにします。 この記事では、スクラム・オブ・スクラムの本質を探り、その重要性、運用におけるダイナミクス、スクラムマスターの重要な役割に焦点を当てていきます。...

企業がリショアリングする理由:課題とその克服方法

企業がリショアリングする理由:課題とその克服方法

ジェイソン・ガードナー(編) 海外拠点の業務を本国に戻して再開することが、ビジネス界で話題のトピックです。 企業は、世界経済の変動や混乱により、海外での製造やサービス提供を再考しています。 この記事では、企業が国内に拠点を戻す理由、その際に直面する課題、円滑なリショアリングのための戦略を探ります。 はじめに 消費者に「地産地消」の意識が高まるなかで、リショアリングは単なる経済性ではなく、認識、責任、レジリエンスに関わってくることです。...

アジャイルスクラムチームにおけるフロントエンド開発者の役割

アジャイルスクラムチームにおけるフロントエンド開発者の役割

ジェイソン・ガードナー(編) 従来のソフトウェア開発では、チームは通常、バックエンド開発者とフロントエンド開発者の2つのグループに分けられてきました。 どちらもプロジェクトの成功に不可欠であり、それぞれに異なる責任があります。 バックエンド開発者はソフトウェアのロジックの作成、データベースの操作、コードの作成を担当し、フロントエンド開発者はソフトウェアのユーザーインターフェイスと設計を担当します。 しかし、この2つのグループはスクラムチームにおいて、どのように連携するのでしょうか? 同じユーザー ストーリーから作業するのか?...

スクラムにおけるユーザーストーリーの問題と、なぜそれが弱いストーリーにつながるのか

スクラムにおけるユーザーストーリーの問題と、なぜそれが弱いストーリーにつながるのか

ジェイソン・ガードナー(編) ユーザーストーリーは、アジャイルソフトウェア開発の重要な要素です。 その核となるものは、「ソフトウェアシステムのユーザーのニーズと要件を説明する方法である」という単純なものです。 しかし、開発チームは、辻褄の合わない言い回しでユーザーストーリーを書くことがよくあります。 具体的には、「システムとして...」や「開発者として...」で始まるストーリーは、ユーザーストーリーの意味をなしていません。...

従来のPMOからアジャイルなセンターオブエクセレンスへの移行 |プラチナエッジ

従来のPMOからアジャイルなセンターオブエクセレンスへの移行 |プラチナエッジ

ジェイソン・ガードナー(編) 変化し続けるビジネス環境に対応しようと努力する組織は、業務の効率性、スピード、柔軟性を高めるためにアジャイル手法に目を向けています。 アジャイル手法を効果的に導入するために、企業はプロジェクトマネジメントオフィス(PMO)のリードに頼っています。 しかし、多くのPMOは依然としてコンプライアンス重視の考え方にとらわれており、アジャイルチームとPMOの間に断絶が生じています。 ここで、コンプライアンスからアジャイルセンターオブエクセレンス(ACE)としてのイネーブルメントへの移行が重要になります。...

移行スプリントとイテレーションのためのアジャイルアプローチ

移行スプリントとイテレーションのためのアジャイルアプローチ

ジェイソン・ガードナー(編) 移行プロジェクトは複雑で、チーム全員の多大なコミットメントが必要です。 しかし、結局のところ、これらの大規模なオーバーホールは、プロセスよりも結果が重要です。 とはいえ、スプリントレビューに関しては、表示可能な進捗状況の従来のやり方では、状況が少し複雑になる可能性があります。 しかし、心配しないでください ー そういった課題を乗り越えながら、生産的で有益なスプリントレビューを行う方法があります。 ユーザー ストーリーを使う...

ステークホルダーからの矛盾する要求を管理する方法

ステークホルダーからの矛盾する要求を管理する方法

ジェイソン・ガードナー(編) プロジェクト管理の最も困難な側面の1つに、ステークホルダーの期待を管理することがあります。 これらのステークホルダーは、顧客、投資家、またはプロジェクトに既得権益を持つ個人またはグループだったりするでしょう。 これは、ステークホルダーの言い分がプロダクトオーナーのそれと矛盾する場合、さらに問題が複雑になることもあります。 そしてそういうことが、混乱、遅延、さらにはプロジェクトの失敗につながる可能性があります。 では、このような場合どうすればよいのでしょうか?...

スクラムにおける障害、ブロッカー、ロードブロックの対処法

スクラムにおける障害、ブロッカー、ロードブロックの対処法

ジェイソン・ガードナー(編) プロジェクト管理においては、進捗を妨げ、プロジェクト全体の成功に影響を与える可能性のある課題に遭遇することがよくあります。 これらの課題は、障害、ブロッカー、またはロードブロックと呼ぶことができます。 ただし、これらの用語は区別なく使われることが多く、プロジェクトのステークホルダーの間で混乱や誤解を引き起こします。 この記事では、これらの用語を定義し、その違いについて説明します スクラムマスター、開発チームメンバー、プロダクトオーナー、そしてリーダーは、プロジェクトにおける課題を効果的に処理します。...

プロダクトオーナーの重要性:主な役割と責任

プロダクトオーナーの重要性:主な役割と責任

ジェイソン・ガードナー(編) プロダクトオーナーの存在はスクラムの成功に不可欠です。. プロダクトオーナーはしばしば、要件に優先順位を付け、プロジェクトの目標が達成されていることを確認するだけの存在だと考えられています。 プロダクトオーナーの最も重要な役割の1つは、プロジェクトのスコープを管理することです。 この記事では、アジャイルプロジェクトにおいてプロダクトオーナーがスコープの制御を担当すべき理由を探っていきます。...

スクラムとカンバン:スクラムとカンバンボードの主な違い

スクラムとカンバン:スクラムとカンバンボードの主な違い

ジェイソン・ガードナー(編) プロジェクト管理の技術を勉強中の場合でも、生産性戦略を磨いている場合でも、「スクラム」と「カンバン」は必ず耳にすることになる2つの業界用語です。 それぞれに独自の利点とアプローチがあり、これらの方法を詳しく理解することで、ビジネスの成果を大幅に向上させることができます。 この記事では、広く普及しているスクラムとカンバンを掘り下げ、 2つの方法論の主な違い5つについて概説します。 さあ いきましょう! スクラムを理解する スクラムは、アジャイルという手法に属する、反復的なプロジェクト管理と実行方法です。...

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.