カテゴリーなし

ガイド:OKRを効果的に使う方法

ガイド:OKRを効果的に使う方法

ジェイソン・ガードナー(編) ガイド:OKRを効果的に使う方法 あなたが、組織の成功を最大化しようとしている専門家である場合、自由に使える最も重要なツールの1つが、「目標と主要な結果」(Objectives and Key Results=OKR) であり、それを適切に使うことです。 OKRを使うと、組織全体で明確なコミュニケーションがはかれるようになります。つまり、概観的な目標を設定し、進捗状況を把握し、チーム間の連携を促すことができるのです。 しかし、OKRを効果的に使用する方法を学ぶのは、難しいと思うかもしれません。...

アジャイルのトレンド

アジャイルのトレンド

ジェイソン・ガードナー(編) アジャイルな組織におけるトレンド 現代のビジネス界では、アジリティ(俊敏性)こそが最重要です。 急速に変化する市場、消費者の動向、テクノロジーの進歩が日々起こる中、組織はアジリティと競争力を維持するために積極的なアプローチを取らなければなりません。 しかし、それを実現させるためには、どうすればよいでしょうか? 1つの方法は、組織のアジリティを生かす、あるいは無駄にするアジャイル組織の傾向を特定し、理解することです。...

タスクボードとは何か、そしてその使い方

タスクボードとは何か、そしてその使い方

ジェイソン・ガードナー(編) タスクボードとは何か? なぜタスクボードを使うのか? タスクボードが なぜ効果的で便利なのか? タスクボードの利点は何か? 複数のタスクを含むプロジェクトの規模が大きすぎて、複雑すぎて、管理できないと感じていますか? 新製品の開発であれ、マーケティングキャンペーンのローンチであれ、仕事上の責務のルーティンのジャグリングであれ、細かい部分まで全て把握しようとすると圧倒されてしまうことがあります。...

アジャイルな働き方をサポートする目標設定フレームワーク

アジャイルな働き方をサポートする目標設定フレームワーク

スティーブ・オスターミラー(編) ビジネスのアジリティを最大限に活用したいとお考えですか? あなたはパーパスドリブンで、目的と結果を意志決定の原動力にしていますか? 私たちが行っている戦術的な作業が技術的なものであろうとなかろうと、私たちが行うことはすべて、ビジネス上の目標によって推進されるべきです。 価値を提供するためのアプローチが戦略的に安定していれば、目標を達成する方法については戦術的に柔軟性を保つことができます。 目標を順調に進めていく方法をお探しですか? 効果的な目標設定フレームワークにより、...

チームが合意に達し、解決策を見つけるのに役立つコンセンサスツール

チームが合意に達し、解決策を見つけるのに役立つコンセンサスツール

ジェイソン・ガードナー(編) あなたがアジリストであれば、チームが協力し、共に解決策を見つけることがいかに重要であるかをご存じでしょう。 ただし、意見の相違が生じると、そこから先に進む方法を見つけるのが難しい場合があります。 幸いなことに、チームが議論を進め、解決に至るのに役立つさまざまな方法:コンセンサスツールがあります。 この記事では、さまざまなコンセンサスツールの概要と、そのツールそれぞれが最も効果を発揮する状況について説明します。 何をすべきか、何を話すべきかを決めるには ドット投票...

経営幹部にアジャイル移行を支持してもらう

経営幹部にアジャイル移行を支持してもらう

ジェイソン・ガードナー(編) あなたの会社がアジャイル移行を経験した場合、経営幹部やステークホルダーの抵抗にあった方は多いと思います。 アジャイルのワークフロー導入を成功させるために必要な変化に、経営幹部やステークホルダーたちをコミットさせるのは難しいことがあります。 この記事では、組織がアジャイル移行を実践する際、その勢いを維持するために、経営幹部や意思決定者の動機付けに役立つ方法をご紹介します。 上層部との関係性を育むための最良の方法を検討し、社員全員が、長期的な成功に向けて熱心に取り組むための戦略が何かを探ります。...

カリフォルニア州ロサンゼルスにおけるスクラムの現在地:課題、コミュニティ、トレンド、そして独自の特性

カリフォルニア州ロサンゼルスにおけるスクラムの現在地:課題、コミュニティ、トレンド、そして独自の特性

スティーブ・オスターミラー(編) スクラムは、アジャイル開発とプロジェクト管理をするにあたって、世界中の多くの組織で頼りにされるフレームワークになりました。 カリフォルニア州ロサンゼルスも例外ではありません。 この活気ある都市には、ハイテク産業が栄え、スクラムを活用して革新と成功へと邁進するアジャイル実践者のコミュニティが増え続けています。 この記事では、ロサンゼルスにおけるスクラムの現在地を詳しく見ていきましょう。 スクラムを活用しているのは誰か? 課題は何か? そして、この地域のスクラム市場に特有のものは何か?...

集中型と分散型の意思決定:どちらがより優れているのか?

集中型と分散型の意思決定:どちらがより優れているのか?

ジェイソン・ガードナー(編) どの組織でも、意思決定はビジネスの成功または失敗に重要な役割を果たします。 優れた意思決定プロセスの中心には、意思決定がどのように行われるかを理解することがあります。 意思決定は、中央集中型または分散型のいずれかです。 中央集中型の意思決定は、トップレベルの経営陣によって決定が下される状況であり、分散型の意思決定には、より下位の管理層、または個々の従業員への権限の委任が含まれます。 この記事では、これら2つの意思決定アプローチの違いと利点について説明します。 意思決定のスピード...

スクラムチームにおける「完了の定義」と「受け入れ基準」

スクラムチームにおける「完了の定義」と「受け入れ基準」

ジェイソン・ガードナー(編) スクラムのプロダクトに取り組む際、考慮すべき 2 つの重要な要素は、「完了の定義(DoD)」と「受け入れ基準(AC)」です。 一見この2つには互換性があるように思えるかもしれませんが、そうではありません。 それぞれに明確な目的があり、それらの組み合わせにより、スクラムチームは潜在的に出荷可能なインクリメントを提供することが保証されるのです。 この記事では、「完了の定義」と「受け入れ基準」の違い、およびなぜ スクラム チーム にはどちらも必要 なのかを説明します。 「完了の定義」とは?...

障害を可視化することの有効性

障害を可視化することの有効性

ジェイソン・ガードナー(編) 障害を管理することは、アジャイルチームが成功するために不可欠です。 障害は、リソース不足、不明確な目標、プロセス、コミュニケーション上の困難など、さまざまな理由で発生する可能性があります。 これらの障害を効果的に取り除くには、チームがそれらを可視化し、進捗状況を把握できる状態にする必要があります。 この記事では、アジャイルチームの円滑なオペレーションを維持するために、障害を可視化する最も効果的な方法と、障害を取り除く方法について説明します。 障害を可視化することの有効性...

アジャイルの評価 よくある発見 どう対処すればいいか?

アジャイルの評価 よくある発見 どう対処すればいいか?

ジェイソン・ガードナー(編) アジャイル手法は近年、とりわけソフトウェア開発およびIT業界で、多くのプロジェクト管理チームに採用されています。 アジャイルな環境では、コラボレーションをしながら柔軟に変化に適応しながら、チームが協力して短期間で高品質の結果を提供します。 ただし、アジャイル手法を実装することは、必ずしも簡単なプロセスではありません。 アジャイルチームを評価する時、よくある落とし穴が見つかることがあります。 この記事では、アジャイルを評価する際によくある発見と、それらに対処する方法について説明します。...

スクラムによって開発者の説明責任を向上させる

スクラムによって開発者の説明責任を向上させる

ジェイソン・ガードナー(編) アジャイル開発手法として、スクラムには、チームのパフォーマンスとプロジェクト全体の成功を向上させるために活用できる多くの利点があります。 この方法論の重要な側面の1つは、タスクの品質とタイムリーな完了を保証するために、開発者の説明責任を設定することです。 この記事では、説明責任が非常に重要である理由と、スクラムがどのように説明責任を高めていくのかを見ていきます。 複雑で絶え間なく変化するビジネス環境において、開発チームは成功するために俊敏性と効率性を維持する必要があります。...

0

We are using cookies to give you the best experience on our website.

You can find out more about which cookies we are using here.